月曜の朝は、玉子かけごはん・・!

昨日の夜から東京は雨が降っている。
今日も、一日雨。

「玉子かけごはん」のごはんを珪藻土竈(かまど)で炊く。
火起こしにで炭をおこし、ちゃんと洗った(みがいた!)お米を
羽釜にいれて、重い木の蓋をして炊く。
♪はじめちゃろちょろ なかぱっぱ ぱんぱらぱんでも ちょっとがんばれば みなできる

のだ。

「おこげ」がおまけの、銀しゃりができあがる。
残った炭火を、小さな珪藻土七輪に移し、その上に手回しの焙煎機をおいて、ブラジルから焙煎。
ブラジル、コロンビア、デカマラ、もといガテマラ、+なにかもう一種を順番にして、ブレンド
すると、「ほぼぶらじる」ができあがる。
これから、アイス珈琲や、水出し珈琲の季節。
ほぼブラジルを、「UFO焙煎器」にいれて、パチパチと爆ぜるまで焙煎すると、
それを水出し珈琲の器具で、ポトポト落としていくと、おいしい水出し珈琲ができる。

今朝の味噌汁は、妙高高原の「こごみ」が入っている!

なんだか知らないけど、「炭火」を使って、ごはんと珈琲の仕事をする月曜日は、
一番好きな曜日。雨もまたよし。「雨の日と月曜日は」を聴きながら、できたての珈琲を飲む・・・感謝。