美女と夜咄し

昨日は「夜咄し 夜間飛行」がはじまりはじまりだった。
現役の機長さんが、貴重なお話をしてくださって、さながらコックピットで
ワインでも飲みながら遊覧しているような気分になった。(もちろん現実的な話ではありませんが)

オープニングは、「ジェットストリーム」のCDをかけた。城達也さんのナレーションを
聴いていると、・・饒舌な言葉はいらない。ささくれだった話の多き昨今ではあるが、
いい音楽を聴きながら、気のおけない友達と酒を酌み交わし、それぞれの「今」を語りあい、
笑う(相語り 相笑う)ほど素敵な時間はない。そんなささやかな時間を「幸せ時間」というのだろう。

機長さんの時間割のため毎月定例でやることはかなわぬことですが、また秋の声が聞こえてきそうな
ころに、「第二談」をやってみたいと思っております。

今日はこれから「卵かけごはん」
今日の香のものは「キャベツの梅酢漬け」さっそく先日研いだ「菜切り包丁」をかみさんが試し切り。
包丁の重さで、キャベツがサクッサクッ・・とおいしい音をたてる。まないたの音は、その日のオープニング曲。

昼は昨日とおなじくまーくんの「満つまめの会」。昨日今日とも満席。口コミで、どんどん広がってきた。
ゆっくりゆっくり、無駄のない縁でつながってる人につながり、みんなが健康で持続可能な生活を楽しめたら、いい。

今日の夜は「福の会」  しつこいけど、福というのは、田んぼでとれた収穫物を神棚に手向ける、
という象形文字がはじまり。「人生フルーツ」を見ると、そんなややこしい説明なしに、「福」
とはなんぞや、がわかる。

明日は通常営業。明後日から22日まで「松休み 梅休み」
宗像の実家で92歳の父に、松の手入れを伝授してもらっている。その後は能登半島の「梅茶翁」
にいき、梅仕事。本日の朝ごはんの梅酢は、能登の梅からつくったもの。春の潮風がふくと、梅が
ほころぶ。

夜のジェットストリーム

昨日は、じんしんさんと布上智子さんの「ブラジリアン音楽のライブ」やった。
布上さんは昨年、今年とブラジルに長期滞在して、ブラジル人たちの文化とか、生活に
ふれた。よりいっそう、歌にブラジル魂が内包されているように感じた。普段は富山に
いるので、富山からも応援団が4人くらこられた。能登ライブも実現できたらいい。

お酒が入ると、サンバやボサノバは、より愉快な世界へ誘ってくれる。
カウンターで、「花」という佐久のそば焼酎の水割りを3杯飲んでいた目力の強い女子が、
突然椅子から立ち上がって、ピアノの前までゆき、♪サンバにあわせて 踊りだす

🐞てんとう虫のサンバ、というのがったけど、みんなが突然のサンバカーニバル女子の参加で
転倒するくらい盛り上がった。こんな一期一会があるから、ライブはたまらない。

今日は日曜日なので、16時閉店。二階では「満つまめの会」
夜は「夜咄 夜間飛行」 現役のパイロットさんが講師になって、飛行機にまつわる四方花話をきかせてくださる。
さながら「夜のジャットストリーム」である。

明日の朝は「卵かけごはん」夜は「福の会」
この会のメンバーが先週「人生フルーツ」を二度見たらしい。なぜだかその映画の影響で
「蕎麦打ちをやる」ということになった。

「人生フルーツ」を観て、フルーツを切る包丁を研ぐ

水曜日に中野のポレポレ座にいって「人生フルーツ」を見た。
高齢のご夫婦が自然に寄り添い、自分たちでできることをいとわず、こつこつ
とゆっくりと歩んでいく姿をドキュメントした映画だ。
若い人たちの中に、ゆっくり口コミで広がっている、そんな感じの映画。

銀座のある骨董屋が店じまいをするとき、二本の日本の包丁を買った。
「近くでやっていた和食屋のオヤジが使っていた」ということだった。亡くなられ閉店された、という話。
柳(さしみをきる包丁)と薄刃(菜切り包丁)。刃がこぼれているし、さびもひどいけど、
凛とした品格があったので、持ってかえった。そのうち時間があれば、近くに包丁研ぎの名人のじいちゃん
もいたし、だすか、なんと思っていた。そのじいちゃんも天国にいき、そのじいちゃんの作る包丁が大好き
だった佐賀のがばいじいちゃん(月に一度天真庵で鮨をにぎってくれた)も、昨年召された。

木曜日の夕方、「無茶しぃの会(煎茶の教室)」まで2時間あった。焙煎したり、かえしをつくったり・・
いつもの仕込みは残っていたけど、「今しかない」とばかりに、砥石みっつを水につけ、包丁研ぎモード
に入っていった。普通の包丁だと、一本一時間もあれば、珈琲を飲む余裕もうまれるけど、名にしおう名店の
主人が使っていた「本焼き」の包丁は、そんなわけにはいかない。汗をかきかきかき、なんとか一本仕上がる
ころ「お願いします」とお弟子様が入ってこられた。昨日も5時からバンバンと蕎麦を打った後、もう一本を
研いだ。なんとか開店するまでに仕上がったけど、「チーズケーキ」を作るのを忘れ、チャリンコを走らせ、
東部ストアーにいく。並びの骨董屋のオヤジが「天真庵さん、自転車のれるんだ」と笑っていた。

日頃は仕込みなどに優先順位がきまっていて、なかなかそれ以外のことをするのに、スイッチが入りにくい。
たぶん、90歳になっても自分でつくった野菜やフルーツをつくる「人生フルーツ」を見て、「自分でできることは
自分でする」という当たり前のことに、感動した結果がそうさせたんだと思う。

昨日はダメ中だった。その映画のチラシを見せた後、くだんの包丁を披露した。酩酊した時に
日本刀のような包丁を握るのは、まさに「気ちがいに刃物」である。

今日は「ボサノバライブ」があるので16時閉店。じんじんさん、布上さんの素晴らしいライブ。
明日は新講座「夜咄 夜間飛行」がある。現役のパイロットさんを囲んで談論風発の時間を楽しむ会だ。

お茶をすると京都の実力を感じますな!

昨日も九州の焼酎の空き甕?を利用して、星野村の玉露を
使った「茶ぶ台手前」を元気な女子たちとお稽古した。

木曜日はお抹茶の先生みたいな人が来る日なんやけど、せっかく
玉露が新茶になったんと、前日完成した「新しい立礼スタイルの玉露作法」をお茶のせんせ
たちにも見てもらおうと思い、一階のテーブルでやった。

お菓子は京都の川道屋さんの「そばぼうろ」と清水の「めろん味の金平糖」
金平糖は久保さんの志野の「やんぽ」にいれて供した。お茶のせんせたちも「これ、素敵」と
黄色い声をあげはった。ちゃぶ台とか、囲炉裏端とか、茶櫃の中とか、お茶を入れる場所に
「やんぽ」がポツンと置いてあったりすると、人生の後半戦が断然おもしろく、風雅になる。

京都のお菓子、料理、器には「京都のサイズ」があるように思う。少しひかえめなんやけど、その
中に作りての「気持ち」が込められているものが多い。「さすが」やと思う。

昼間は「花戦さ」を見に錦糸町にいった。ロケ地に昔よくいった料亭が使われていた。
最近は観光客でごったがえしていて、あまり足が向かんようになったけど、
「京都しかないもん」が京都にはまだある。

今日はダメから始める中国語。
明日は「ボサノバライブ」。

甕の雫 地球が発酵する一滴

先月、ヨガの先生が、不思議な作曲家を連れてきた。
CDに「宮崎」と書かれていて、それをかけたら、なんやら
地球のマグマが、ブクブクと活性しているような感じがした。

「なんの音ですか?」ときくと、「焼酎が発酵している音」だとおっしゃる。
その音を聴きながら、焼酎を飲むと、体の中の焼酎の活性も活発になり、
より美味しくなるそうだ。宮崎の「甕の雫」というイモ焼酎。大量生産の時代に
伝承つくりにこだわり、無農薬のイモを使って古式な製法でつくっている酒蔵さん。

ぼくのお弟子様が毎年もってきてくれる焼酎でもあり、甕と柄杓も大事にとってある。
昨日はその空っぽになった甕と柄杓を使って、今年の新茶の玉露の「ちゃぶ台手前」をした。
なんとも風流なお茶会になった。

会がおひらきになった後、中野の「ポレポレ東中野」にいき「人生フルーツ」を見る。
汗ばむこの季節に、冷たい玉露の甘露な妖精が体中に浸透するような、さわやかな映画だった。

「風が吹けば、枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。
こつこつ、ゆっくり。人生、フルーツ」
この言葉が映画で何度も流れる。しかも樹木希林さんの声で。彼女の名前には、木が三つも
入っていることに気づく。木の妖精につつまれるようなやさしさがある。
素晴らしい映画やね、ほんま。

茶粥に奈良漬

昨日は、「英語でそば会」だった。残念ながらポン引きは成功せず
日本語でそば会になった。蕎麦焼酎のそば湯割りを飲みながら、それぞれ
の「今」を談論風発。よその国の人も、ここの星の人だと思えば、なんの
隔たりもない。「いま ここ」で出会うという奇跡をお互いに祝い、感謝する
気持ちが広がれば、平和という言葉がいらないくらい平和な世界にきっとなるに違いない。

「印象操作」なる言葉が流行っているらしい。「云々」を「でんでん」と読むレベルのあべちゃん
にしては高級な言語だ。でも使い過ぎると、辟易する。日々是口実?
♪でんでん虫虫 かたつむり おまえの頭の中は 。。。

今朝は、英語の岩本先生がくれた遠山郷のお茶を煎り番茶にして、茶粥をつくった。
奈良では、朝の茶粥は典座が作るごちそうであり、めいめいがお漬物を持ち寄って食べる茶粥は
さながら「茶Ronだ。そこには「奈良漬け」がよく似合う。お茶を焙じて飲んだり、茶粥にすると、
胃にもやさしいし、血糖値などを調整してくれる。

今日は「満つまめの会」「そったく焙煎塾」「煎茶教室 無茶しぃの会」がある。
今日の無茶しぃは、一階でやるので、立礼(たたみではなくテーブル)で新茶の玉露を
楽しむ会になりそうだ。日々是好日。

英語でポン引き

昨日は「長屋で女史会」だった。
天気が不安定で、夕方にわか雨が降った。プランターの植物たちは
予期せぬ恵に感謝しているようだった。明日からどうやら関東も梅雨入りだしい。
梅雨がないと、田んぼも畑も梅も困る。いい塩梅、というのは、食べ物だけではない、
暮らしにもあてはまる。今年の梅雨は、能登にいって「梅仕事」の仕事はじめ。

2月の味噌にはじまり、梅林ガールズが活躍する。便利な暮らしもいいけど、少し
前の日本人にもどる、というのも、いろいろ発見があり、感動もいっぱいある。
来週は「松休み 梅休み」をとる。

今日は「英語でそば会」 スカイツリーとこに集まって、外人さんに声をかける。
「どこからきたの。日本の食べ物なにがおいしかった?」「え、そばを食べてないの?」
「近くに、奇人のやってる蕎麦屋があるけど、いっしょにいかない?」
そんなこんなで、臨機応変につたない英語でしゃべり、外人さんをポン引きする日。
場所がらもあるけど、恵比寿顔したおばちゃんの慈愛に満ちた笑顔がきめて?かもなんばん。
22勝5敗くらい。ボクシングなら世界ランカーくらいの成績。

明日明後日は「そったく焙煎塾」&「無茶しぃの会」(煎茶道のお稽古)
明日は「満つまめの会」もある。

長屋で女史会

昨日は、日曜日なので16時に閉店。その後は「蕎麦打ち教室」
10回目を少し過ぎた中堅のてっちゃんが師範代になって、新人さんの
目の前で打つ。人に見られたり、教えたりするのは、緊張もするけど、
「人を使うは、使われる」の名言があるように、自分の勉強になる。
やさしい指導で、2回目の新人さんも「そばらしい蕎麦」が打てた。

お茶もそうやけど、主人になったり、お客さんになったり、繰り返される中に
陶冶され、磨かれ、身についていけるものがある。てっちゃんには、「蕎麦豆腐」
の作り方を伝授。レシピを教えるのは簡単だけど、それを自分のものにする、
のは、やはり繰り返しの練習が必要だ。昔から卵焼きなら、毎日やって1年。
ドリップは2000回などといわれている。

今日は月曜日。月曜日の朝は「月」の洒落ではないけど、TKGこと「卵かけごはん」だ。
今朝は大根を梅酢につけた香のものがでるらしい。梅は昨年能登からおくられてきた梅。
いよいよ今月は「梅仕事」に蕎麦のお弟子様たちといっしょに能登までいってくる。
その前に「松の手入れ」。今年は不作で竹の子はあまり口にしなかったけど、
半年の中に、松竹梅をこなすことになる。

今日の夜は「長屋で女史会」
明日が「英語でそば会」  スカイツリーのへんで、うろうろしている外人さんに声をかけて
「この近くにイケメンのそばやの店があるんやけど、いかへん?」ってなことを英語で話しかけて
ポン引きしてくる日。23勝5敗  アバウトだけどそんな成績。

水曜日木曜日は「そったく焙煎塾」&煎茶のお稽古「無茶しぃの会」

卓球も格闘技??荘則棟って知ってるかな?

ひさしぶりに、偶然卓球をテレビで見た。「釣りバカ・・・」を録画した
つもり、が、再生したら卓球だったので、夢中で見た。若い日本の選手たちが
頑張っている。しかも昔とスピードも技もルールも違っていておもしろかった。

昔卓球に凝っていたことがある。近くに工務店の息子がいて、そこのおやじの自作の卓球台で
手ほどきを受けた。「ピンポン外交」なる言葉が流行った時代。そのころ中国に「荘則棟」という
卓球の神様みたいな人がいた。博多の九電体育館で試合があったとき、彼にサインをもらい、しばらく
宝ものにしていた。今日は天安門事件28歳の日らしい。彼も文化大革命などに翻弄され、波乱万丈の
人生だった。

中学は北九市立「引野中学校」。廃校になったが城山小学校ではソウフトボール部でピッチャーやった。
引野中学校は、八幡西区の高台にあり、野球部がなく、卓球部に入ろうと思ったらそれもなく、
自分で先生たちを説得して「卓球部」をつくった。指導者もなく、「卓球マガジン」を読みながら、体育館も
使えず、自分の教室の椅子机をかたずけて、練習をした。すぐにシード校になり、張り切って揃いのユニホーム
をつくった。襟があるのがダサく思い、襟なしのものをつくって試合に臨んだら、ルール違反らしく「失格」になった。
元衆議院議員の末松義規くんとは、卓球では永遠のライバル。そのころ弁はたたなかったけど、卓球はうまかった。

天真庵を押上に結んだころ、中学校の同級生でフジテレビに努めるMくんから電話があった。
「卓球の岸川くん、ノンチン(ぼくのあだ名)がつくった卓球部の後輩って知ってる?」
ロンドンオリンピックで活躍した岸川聖也選手。ネットで検索してみると、「北九州市立引野中学校卒」
になっていた。

今日は日曜日なので16時閉店。その後は「卓球」。ウソ。「蕎麦打ち教室」です。
明日の朝は「卵かけごはん」  夜は「長屋で女史会」
火曜日が「英語でそば会」

水曜日木曜日が「そったく珈琲塾」&「無茶しぃの会」

♪夏も近づく八十八夜 今年の新茶を飲んだかな?

夏も近づく・・・というより夏本番みたいな天気で、春も梅雨
も飛び越えて・・といった今日このごろ。

新茶の季節だ。昨日は、英語の岩本先生が「遠山郷の新茶」をもってやってきた。
彼が所属しているシンクタンクは、最初は渋谷の駅前にあった。「これからは田舎で農業」
ということで小田原に本社を移し、今は頻繁に静岡の遠山郷いって、自然にふれあいながら
「これからの日本人のありかた」などを模索している。会社名前は「藤原事務所」。

スカイツリーができた5年前に、藤原事務所の藤原さんから、全国からお客さんをよんで、
講演を頼まれたことがある。そのお礼に「スカイツリーに上る」ことにあいなった。
それから一度ものぼっていない・笑 いけるとき、できるときになんでもやっとくのがいい。

一昨年に、界隈でシャアハウスをやっている大樹くんといっしょに、岐阜の春日村にお茶をつみに
いき、蕎麦会をやった。そこの新茶も届いた。
そして、我がふるさと、福岡の新茶も昨日届いた。さっそく3種類を、岩本先生と
飲み比べた。お茶の銘柄をあてたりするのを「闘茶」という。煎茶でもときどきやる。
「人と比べる」とかいうのは、性にあわないので「闘茶」は一度もやったことがない。
でも毎年、この3種は飲むので、目隠しされていても、「これ」だとわかる。

おいしいものを食べる(飲む)。というのより「おいしく食べる」(飲む)ほうが100倍楽しい。
今年になって「煎茶を習いたい」という人が増えている。「無茶しぃの会」は月に一度
しかないし、平日の昼間だし、普通の堅気の人では受けにくい。
秋くらいになったら、「無茶しぃの夜咄し」という講座をやってみたいと思う。

そんなわけで、二週間ほど在庫切れだった煎茶が入荷。これから新茶の商品つくり。
今日は「満つまめの会」 整体とお茶も切っても切れない関係になってきた。
夜は「インヨガ」 ヨガの人たちも「お茶」の効能を体で知っている。