♪さがしもんは なんですか?

寄る年波、というやつで忘れものが多い。
「忘却」というのは、ある意味、やさしい自然現象でもある。
ささいないざかいや、どうでもいいような執念みたいなものを、流してくれる力でもある。

昨年末、銀座の骨董屋さんが86歳でお店の緞帳を下げた。月に一度はぶらり、と銀ブラしながら
立ち寄り、文人たちが書き残した軸などをみながら、主人が入れてくれる玉露を飲む、のが
幸せな休日だったけど、残念だ。

池袋時代には、歩いて5分くらいのところに、古美術店という看板をだしたお店があった。
ここの主人も、煎茶が好きで、いついっても、小ぶりの京焼きの茶碗に玉露を入れてくれた。
「この茶碗は初代のシュンポウです」なんて解説をしながら、ぼくの眼を鍛えてくれた。
やはり10年くらい前に、82歳くらいでお店を締めた。75歳くらいから、腰が悪くなり、
「もうそろそろこれをゆずりたい」といって、李朝の箪笥を、格安で譲ってもらった。
天真庵の二階の「生」という白井晟一翁さんの書のところにある「バンダヂ」がそうだ。

そのころ、人間国宝で陶芸家の三輪休雪の寒山拾得がショールームに飾ってあった。
値段をきくと「150万」という。天真庵が南條先生の寒山拾得の絵を中心においてあったので
「売ってください」と何度もお願いしたけど、「まだ手放したくない」と何度もことわられた。
お店をしめてから、年賀状だけのやりとりになった。ある日、電話をして「休雪の寒山拾得はどうなりました?」
と聞いたら、「引っ越しの時、どっかにいってしまった」とのこと。縁がなかったとあきらめた。

最近は近くの骨董屋をときどき覗く。亀戸天神の近くの主人は年も近いし、まだまだお店をしめたり、
しないだろう、と踏んでいたら、先だって心臓が泊まりそうになって入院した。その前に「裏千家の先生が
残した茶櫃が入った」と電話をもらった。退院しても、その所在が不明のままだった。昨日連絡があり、
「お店の片隅にあった」とのこと。こぶりだけど、いい漆で、「今日」とかかれてある。

「今日庵」。一期一絵を大切にする茶人らしい名前。「今ここ」にすべてがある。今日という一生
を一生懸命いきることが、大切である、ことを教えてくれる。さっそく持ち帰り、久保さんの斑唐津の
煎茶椀を入れ、それで玉露を入れてみた。天真庵で今日庵を味わう、不思議なエニシの妙味が体中にしみわたった。

今日は「インヨガ」。だいくんが本日後楽園ホールでセミファイナルを闘うので、わたくしは
ボクサーパンツをはいて(別にそうすることもないけど)、夕方からボクシング観戦。

独活がやってきた

ウド。孤高に生きている、そんなイメージの感じ。

昨日は能登半島に移り住んださん、が、煎茶を習いにやってきた。
朝一番(といっても何便もあるわけではない)の飛行機に、袱紗ばさみに、扇子と懐紙と袱紗を
しのばせ、お土産に能登の独活(ウド)とわさびなど、能登の春の山菜をもってやってきた。

都会に住んでいると、衣替えとか、新入生とか新入社員たちが、新しい服きて、ういういしく街を
歩きだした時に、「春や」とか思うけど、田舎、しかも北国のほうでは、長い冬をのりこえて、
「やっと春がきた」という感じらしい。九州産なので、そのあたりの感覚がまったくわからいけど。

昨日は、南島原にうつりんださん、からいただいた煎茶と、前日いただいた金沢の「森の音」をおちゃうけ
にして、茶櫃手前をした。軸は、なんやらいう福岡のお坊さんの書いた「真如」。神人一如、のように、
お茶をいただく瞬間は、自然と一体になった気持ちになる。真如、とは、そんなことをいっているのだろう、
と勝手に解釈をしながら、4人で煎茶を楽しんだ。

能登半島には6月に「梅仕事にいく」。天真庵のHPにリンクしてある「梅茶翁」の部屋を覗くと、
ちゃくちゃくと、自然の流れにのり、梅が梅になっていく様子がよくわかる。
うまく梅が収穫できたら、「梅干したろう」というワークショップをやる予定にしたいる。
ずいぶん先の話だと思っていたけど、もうすぐだ。

今日はうどのさしみに、白みそをつかったあわせ味噌をかけて、酒を飲もう。

日曜日に「二階でプチ結婚式」をあげるさん、が、もうすぐ着物の着付けにやってくる。
自分たちの子供より若い世代のアーティストたちが、そんな風に仲良くしてくれるので、
年をとることを、ついつい忘れているようだ。寄る年波の声が聴こえないくらい、耳
が遠くなった、ということか?それはそれでけっこうな話である。

冬から夏がきたような

そんな気分。お店の珈琲も、アイスが半分近くなってきた感じ。

昨日は「タイムドメインの会」。関西のメーカーで円筒形の不思議な形をした「ヨシイナイン」
というので、いろいろな音楽を聴きながら、持ち寄ったお酒や酒肴を楽しみながら、嗜好の調和を
しながら、時を過ごす。簡単にいえばそんな会。

江戸時代の煎茶の会。というのも、「文人」とよばれる人たちの中で、お茶やお茶うけを楽しみ、
その後は簡単なつまみで酒を飲みながら談論風発する、というような会だった、らしい。
陶芸家が「どや、この急須?」とかいって、新作の茶器を披露する。絵かきが「丸山公園の桜書いてきたで」と
床の間に新しい軸をかける。「かぎぜんのおひがしを買ってきました」とお客さん。それをお茶うけに、宇治茶を
真新しい急須で入れて、みなで楽しむ。そんな会だったらしい。肩肘はることもなし、作法も無手勝手流。そのあと
も「流れ」で、酒を飲んでもよし、飯を食ってもよし・・・

お茶の盛んなところといえば、京都と負けないくらい金沢はすごい。なんやらいう加賀の殿様が偉かった。
偉い人がでたところは、その後も文化が継承されていく。
昨日は金沢にいってきました、という女子からお土産に珍しい菓子をいただいた。「風の音」とか「森の声」(反対か、
あさっての名前かも)、そんな風雅な名前のお菓子。
本日はその石川の能登に移りすんだ蕎麦のお弟子さまが、煎茶を習いにやってこられる。
「お手前の手順」がなんだらかんだら、以上に「真髄」のほうを重視するタイプの女子なので、能登の潮騒が
聞こえる縁側かなんかで、自然と一体になるようなイメージでお茶会をやってみたいと思っている。日々是好日。

月曜の朝は卵かけごはん

先々日、古い蕎麦のお弟子様のりょうくんが仙台から遊びにこられた。
かれのかみさんが、まいかさんで、彼女はねんど教室の先生をながくやってくれた。
まいかさんがあるとき、関西弁で「味噌作り教えてくれへんのですか?」とかみさんにきいて、
「ええよ」と答えた時から、毎年2月の味噌作り、つまり「菌活の会」が始まった。

最初の年は、生徒はまいかさんだけだった。6・7年たって今年の2月は「93人」になった。
来年は100人を超えそうだが、「100匹目の猿」の原則でいうと、そこから爆発的に
なりそうなので、なんか考えておかねばなないけど、猿知恵ではどうしようもない感じもする。

2011年の正月明けから「卵かけごはん」が始まった。お米は福岡の妹がつくる「元気つくし」
というお米。「つくし」は「筑紫」のかけことば。福岡のブランド米ですばい。
味噌は手前味噌。味噌汁の実は、季節の野菜の「具だくさん」。香のものは、自家製でいろいろ
なものがでる。今日は、同じく筑紫でとれた「高菜漬け」。醤油は「天真庵のかえし」。
かえしには、二種類の「古式醤油」がつかわれている。卵は、「暮らしの実験室」という茨城の八郷(やさと)
のものや、休みの日に田舎にいったりするときに、「平飼いの卵」を調達する。
そんなことを味噌作りと並行してやってきた。

昨年は能登に移りすんだお弟子様夫婦から、がばっと梅がおくられてきて、それを梅干しや梅シロップ
にした。今年の6月は能登に「梅仕事」にいくことになった。梅仕事は天真庵のHPにリンクしてある「梅茶翁」
(ばいさおう)を読むと、幸せな梅歳時記がつづられている。このプロジェクトを「梅林ガールズ」という。
能登半島の食材のゆたかさなどは、筆舌が及ばないけど、縁ある人たちには、いっしょにお連れして体験して
いただきたい、と思う。ただしこのプロジェクトは、南島原同様、「参加型」が原則。ただきれいなベベ
きて「これオイシ~・・ボリボリ」というのではない。

秋は「柚子胡椒」をつくってみようと思う。これまで福岡の柚子農家さんにつくってもらっていたが、
高齢になられ、「来年からは秘伝の造り方をお教えしますので、よかったらつくってください」といわれ、
チャレンジすることになった。

11月は南島原で「新そばを打つ」予定で、12月は茨城の「暮らしの実験室」で「新そば祭り」がある。
6月と11月には福岡の実家の「松」の手入れの修行をしていて「松休み」をいただいている。
けっこうのんびり暮らしているつもりだけど、「寺子屋」とか「ライブ」なども加わると、
いろいろな行事が目白おしあげ。日々是好日に感謝。

肥後どこさ 熊本どこさ

熊本地震から一年たった。昨日の夜の寝しなひさしぶりにテレビをつけたら、
こころにダメージをうけた中学生らの一年を追った番組をやっていた。
日本列島、どこにいてもいつグラッと揺れて、今日という日常や生活が断絶されるか
わからない。いろいろ考えさせられる番組だった。くまもんも、ひごもっくすたちも、
みんながんばって、もとの暮らしができればよかね。

昨日は、北朝鮮が核実験をやって、それにトランプがミサイルを打つカードを
ひいて、ヤバイ一日になるのでは?とこころの片隅にあり、お昼のラジオのニュースを
きいていたら、お客さんがきた。熊本の被害が大きかった場所が故郷の女子で、昨年
地震の後に元気な女の子を出産した。雨にも地震にも負けず、母は元気で強い。

ぼくのHPをつくってくれてる会社も熊本にある。もともとIT時代にも、
熊本の会社とのつきあいが深く、自分の地元の福岡や北九州の繁華街よりも、
熊本の居酒屋のほうがなじみの店も多いし、9月の「ぼした祭り」は、日本の
祭りの中では、「一番おもしろい祭り」だと思っている。

今日は16時まで。満つまめの会があるので、予約されている人はどうぞお越しください。
明日は「卵かけごはん」

洗張り屋のみさちゃんが洗ってくれた着物きて

昨日、あだちくんが、テーブルをもってきてくれた。
洗張り屋さんからもらった洗張り用の板をつかって、「煎茶&普茶料理用」
につくってもらった。ちょうちょうもうまくはめ込んであって、いい感じだ。

さっそく、あだちくんと煎茶会。「お手前なんてわかりません」というので「無手勝手流でかまわぬ」
といって、自作の机の正面に正座してもらい、長崎は雲仙の煎茶を、久保さんの斑唐津の煎茶椀に
いれ、石川の「愛香菓」をお茶うけにして、一服。あだちくんの産地は、佐世保。白井晟一さん
の設計した親和銀合があるところ。木工家のあだちくんはもちろん白井さんのファンで帰郷すると
親和銀行にいくらしい。彼がてがける下町の古民家の再生カフェなどは、どこもみな煎茶を飲みたく
なるような空間が多い。

午後に煎茶の先輩の南甫さんが蕎麦を手繰りにやってきた。ちょうどお店がごったがえしていたので「
二階に新しい煎茶机があるので見てみて」といって、見ていただく。
しばらくして降りてこられ、「酒が飲みたくなる机」とのたまった。彼は5月9日から始まる「漢詩を詠むかい」の先生。杜甫が大好きで、そんなお茶名になった。楽しみな新講座。

一段落してポストを見ると、筆文字で丁寧に書かれた書簡が入っている。先日煎茶に入門してきた建築家のF氏。
中に二枚の和紙に彼の筆で書いた「茶会図」と「道具」のことがみごとに描かれていた。お抹茶の「裏」でだいぶ研鑽
をされているので、煎茶はすぐに横に卒業するだろうと踏んでいたけど、「来月からもよろしく」と結ばれていた。
彼も白井晟一さんの後輩にあたり、佐世保の親和銀行には何度も足を運び、毎年2回、天真庵で「白井晟一さんをしのぶ会」
のような蕎麦会をやってくれる不思議な人だ。

そんなわけで、昨日も「よき煎茶日和な好日」だった。今日の夜は「インヨガ」。

モカを平和を祈りながら焙煎する 

2007年に天真庵が押上に結ばれたころ、「モカ」が農薬残留かなんかで輸入されて
いなかった。珈琲の需要が増すなかで珈琲豆の代表選手みたいなものが欠場になっても、
あまり業界もお客さまも騒がなかったのが不思議だったけど、そんな時期があった。

最近、ISの問題でまたモカが入手しにくくなった。トランプが、中国の習近平とデザート
を食べている時、シリア攻撃をした。トランプやおいちょかぶをしながら北朝鮮にミサイルを
打ちこむなんてことも、朝飯前の時代。あっという間に、いまの日常が断ち切られる、という
ことも日常茶飯な時代である。珈琲もお茶もごはんも、平和であってこそ、のものだね。

昨日の「卒啄珈琲塾」は、貴重なモカを焙煎した。二階では「満つまめの会」を
やっていたけど、お香の香りが、びゃくだんよりも、モカの香りがしたに違いない。
まーくんの気功技や、お客さんの精進で、整体も上級者レベルに達している人が増えた。
姿勢もそうやけど、笑顔がいいし、なんかみんなイキイキ、ワクワクしてきた感じ。
無呼吸なんやら、とか、ついつい仕事中に肩肘張って、息をとめたりするのを、
意識しながらやっていける人が増えていきた。

人は、心臓や脈拍や血圧、体温を自分の意識でコントロールできない。呼吸だけは
自分の意思で自由にできる。そんな当たり前の天地自然の法則をうまく活用できていない人が多い。

夜は「無茶そぃの会」だった。
あだちくんに、煎茶用のテーブルを頼んでいる。お茶もできれば、酒も飲める、
理想のお茶机。昨日のお茶会で披露したかったけど、あだち君が歯の治療に時間が
かかってしまって、本日天真庵にやってくる。これからの「無茶しぃ」が無茶苦茶
おもしろくなってくる。今月には若いアーティストくんたちが二階で「結婚式」をやる。
いろいろ人生の「はれ」の席に、活躍するに違いない。感謝。

今日はお茶日和

昨日と今日は、「卒啄珈琲塾」と「無茶しぃの会」
昨日は、井じゅんさんが南島原から土産にもってきてくれた「島原の玉緑茶」
というのを煎茶の教室で使った。お茶うけは、金沢の「愛香菓」。
アーモンドとシナモンの香りがする和洋折衷なお菓子だ。菓子名といい、味といい
不思議な世界を醸し出している。

いつもは、星野村のお茶を使っているのが、同じ九州産なので共通の味もあり、さわやかな
南国の風味がした。じゅんさんも来月から「無茶しぃ」に参加されるということ。九州や石川
あたりからわざわざお茶を習いにこられる熱心なお弟子様の期待を裏切らぬよう、こちらも精進
していかねばならない、なんてこと思う今日このごろ。

昨日は、裏千家をかなり勉強しているくんが、無茶しぃに参加した。彼は建築家で海外でも
活躍し、昨年はヨーロッパでもお茶会を催した。絵もうまく、多士済々な青年(中年か?)である。
建築家であり、絵描きであり、茶をこころえているので、一服のお茶を飲むのに話が多岐にわたる。
こんなことも、お茶の楽しみのひとつだ。

今日も午前中は、焙煎女子たちが元気にやってくる。
「満つまめの会」も10時から。

夜は「無茶しぃの会」
木曜日は表千家の達人たちがやってきて、煎茶を楽しむ日である。感謝。

京都の秋の夕暮れはコートなしでは寒いくらいで丘の上の下宿屋はいつもふるえていました。

今月5日に旅立たれた加川良さんの「下宿屋」。最近よくゆーちゅーぶで、「下宿屋」
を聴きながら酒を飲む。不思議なことに、この歌を聴くと、京都御所の近くの「安兵衛」というおでんや
で飲んでいたころのことを思い出す。加川さんは学生運動まっさかりのころの団塊の世代の人だし、
知ってる人しか知らない人だけど、これからますますこの歌や、「教訓Ⅰ」なんかは、バイブル
になるのではなかろうか。昨日はコートなしでは寒いくらいの日だったけど、閉店まじかに
ふたりの常連女子がカウンターに座って蕎麦を手繰りながら飲んでいたので、「下宿屋」
や♪命はひとつ・・・(教訓Ⅰ)を聴きながら談論風発をした。

♪命はひとつ 人生は一回 だから命を捨てないようにね
慌てると つい ふらふらと お国の為などと 言われるとね

青くなって 尻込みなさい 逃げなさい 隠れなさい

お国はおれたち死んだって づっとあとまで 残りますよ・・・

今日明日は「卒啄焙煎塾」&「無茶しぃの会」

恵那の仙人さんが、「人生は短いのに、準備とか練習にあけくれ、半端でおわる人が多い」
と先日いわれた。なかなか奥深い言葉だ。
お茶やお花など和のお稽古にもあてはまる言葉。

お花の恩師である原田先生も生前、「お稽古は本番と思って真剣にやりなさい。本番はお稽古
と思って自然にやりなさい」というようなことをおっしゃっていた。共通の「哲」がある。

珈琲ドリポットは縄文土器

時々、恵那の仙人さんが蕎麦を手繰りにこられる。
昨日は、円錐形の器(ビールを飲むくらいの大きさ)をもってこられた。
九州あたりには昔から、円錐形の杯がある。酒席で「ま・どうぞ」といわれ、
下のおけないようになっている。そんどん飲ませる器。それのビールとか焼酎用。
置くための台も、ひとつは竹筒、もうひとつは、煎茶でいう茶巾筒みたいなもの。
「ピラミッドは四角。東洋では盛り塩型でしょ。この形が大事なんです」と仙人。

そして、珈琲ドリポットを見て、「これも縄文土器と同じ原理。ドリッパーが円錐でしょ。
ここで天と地のエネルギーが繋がっているんですね。」とのこと。

縄文時代は、お米がないので、人々は毎日狩猟をしたりして暮らしていた。男が中心で
狩をやるので、縄文土器は女性が作った、というのが定説。天の恵み、地の恵みがないと
生きていけないので、土器には「どうか神様お恵みください」という祈りの意味が含まれている。

縄文後期から弥生になり「米」を手にいれた先祖さま。「蓄える」という概念ができ、貧富の差
がうまれ、土器もさっぱりした形になった。蓄えがなくなる、という恐怖があり、器の中が空っぽになることを
きらった。「人間の器」も相似形で、空っぽになるのをおそれ、知識とか既成観念みたいなものを
積め込み、がちがちになった。ほんとうは、毎日毎日、頭の中、器を空っぽにすることのほうが大切なようだ。

最近、満つまめのマーくんが、器をよくいじる。うちにある器は9割以上久保さんの器。
「形とか、無釉、とかで、気がぜんぜん違います。」とのこと。やはりカウンターに坐ると、
珈琲ドリポットをしげしげ眺め、「このドリッパーのエネルギーがすごい」とのこと。

今日は雨。足元は悪くなるし、傘もいるけど、天の恵みの日でもある。

明日は「卒啄珈琲塾」&「無茶しぃの会」  京都生まれの茶人が入門してくる。