まさに東京砂漠

暑い夏がもどってきた。
昨日はお休みだけど焙煎をしていた。Tシャツが塩田のように
汗を吸い、塩をつくっていた。このままだと熱中症に
なりそうなので、銀座にいく。ちょいとはずれの蕎麦屋で、ビールと卵焼き。
そばがきで菊正を二合飲んで、そばを手繰って、おしまい。ここで
少し気を大きくして、「勝ってくるぞと勇ましく」・・などを口ずさみながら
骨董屋をまわる、が、ぼくの銀ぶら。

昨年まで半世紀にわたり、文人や坊さんの掛け軸をあきなっていた「一楽堂」さん
の前を通ると、新しい建物の工事が始まっていた。主人は元気かしらん。「またまた一楽・・・」
田能村竹田と頼山陽の書簡「一楽帖」から命名したもので、とくに煎茶を愛した文人ものが好きだった。
そのおかげで、黄檗三筆、とか、上のふたりとか、亀田窮楽、池大雅(正確には、奥様の玉蘭」などの書と
えんがあり、月替わりで床の間に飾って、煎茶の時などに楽しんでいる。これまた一楽だ。

最近は煎茶ブームというか、煎茶道具が中国人やアジア人に人気らしい。とくに中国人は「渡り」を好む。
もともと煎茶は隠元和尚が中国から宇治の黄檗山にもってこられたのを起源とする。
そのころ中国からわたってきた道具を「渡り」という。煎茶人たちは、いい「渡り」に出会うと
「あ、渡哲也だ」みたいに目をランランと輝かせる。

まだ残っているいきつけの骨董屋をのぞいた。「見せたいものがある」と先日電話があったからだ。
明治時代の京都生まれの財界人がつくらせた「器局」。煎茶道具を運ぶ道具で、黒檀とか桐などでつくられているものが多い。
昨日みたのは、二本松箪笥のように少し赤がった風合い。「いいね」とかいう顔をすると、値段がはねあがるので、
「ぼくの持ってる黒檀の器局をこんど買ってくれない」とけん制。敵もクールな顔で、「あれは中国人に見せたらすぐ飛びつきますよ」
とのこと。
四方山話をしただけで、押上にもどる。煎茶の後輩から丁寧な暑中お見舞いがきていたので、天真庵のポストカードで返事を書く。
そのカードには、和気亀亭の涼炉の写真。一楽堂さんが「一生売りたくない」といった宝ものを、5年くらい前の暑い夏の日に
譲ってもらったものだ。いろいろな人に「使い継がれ、愛され続けていく」のが、いい。感謝。

庭にほととぎすが・・・

といっても、東京ではお目にかかれない。鳥ではなく、植物のほうが、
小さな庭のほとりに、薄紫の華憐な花をさかせた。さっそくお店にもっていき、
床の間(ガラスの置き床だが)の古瀬戸の花器に投げ入れる。軸は「體中玄」。
売茶翁(正確には八橋売茶翁・・・福岡出身の茶人)が揮毫したものだ。
冷やした玉露を一服したら、涼やかな風鈴の音がした。みやび みやび な ひとり茶。

愛用の茶道具が、美人の新米煎茶道先生に嫁いだので、久保さんの焼き締めの宝瓶(ほうひん)で
玉露をいれ、斑唐津の酒器で一服。昔から備前の徳利に斑唐津のぐいのみ、という組み合わせが酒徒のかこがれのまと。
すこしまとはずれ、だけど、昼酒以上に玉露に酔った気分になる。
般若くんの作った茶箪笥の上には、彼が塗師の巣山氏にぬってもらった茶櫃がある。その中には
縄文ドリポットと、斑唐津の茶碗がしこんである。ときどき「珈琲点前」をやっているときに使う道具。

茶箪笥の上には、雑多なものをおく「ものおき」がある。改装の時に天井をはずしたので、昔は天井裏だったところ。
そこに古い大きな茶箱がある。その中には黒檀の器局(茶道具を運ぶもの)が入ってあり、すき間に折敷(おしき)が
入っている。その折敷は、茶人があこがれの「埋もれ木」というやつだ。そこに愛用の茶碗と茶たくをのせて、お茶を飲む。
飲んでいる空間が一瞬にして凛とする不思議な木。東京にいる時は使わないけど、地方の海辺や茶畑みたいなとこで使うと、いい。

茶を飲んだ「だしがら」は、のりといっしょに佃煮にする。酒のつまみに最高だし、冷ややっこの上にのせたりすると、
次の朝まで幸せな酩酊の妖精が頭の上を飛び回るくらい、うまい。
雑然とした庭には、大葉やみょうがもでてきた。今どきの、遺伝子操作された「エフワン」とは違い、毎年芽をだし、
夏の冷ややっこの薬味になってくれる。昨日の勉強会は、そんな「遺伝子組み換え」の勉強をした。ときどきそんな
勉強会をすると、微妙な空気が漂うことがある。命を紡いでいく大切なものはみな口の中から体に入っていく。
その口から入る「たべもの」が、薬というより毒みたいなもんが席捲してきた。石鹸を喰うよりひどいものだらけ、という
ことを、各自が少し自覚しないと、これからの人たちの「命」があやうい。

今日は「タイムドメイン」。気のおけない仲間たちが、仲間といっしょに飲みたい酒や酒肴を持ち寄り、
それぞれが推薦するCDを聴きながら談論風発する日。

明日は「おんなかっぽれ」  このかっぽれも、来年あたりは、どこか地方でやりたいとひそかに思っている。感謝。

京都三条の糸屋の娘

「京都三条の糸屋の娘、姉さん十八、妹十五、諸国大名は弓矢で殺す、糸屋の娘は目で殺す」
頼山陽がつくった詩で、中学校の国語の福田先生が教えてくれた。起承転結、を学ぶのに
一番わかりやすい文だ、とかいいながら、教えてくれた。なんだかよく覚えていて、京都で
学生生活をおくりながらも、ときどき思い出したけど、目で殺すような、こいさん、いとはんには
ついぞ出会うことはなかった。

昨日は、茶櫃と茶合・・・漆や茶道具などに酔いしれた。

百万遍という京大のあるところに、昔から進々堂という喫茶店がある。そこには、木の大きなテーブル
と椅子がおいてあって、独特な「京都時間」を堪能できる老舗。そのテーブルと椅子は、黒田辰秋氏の
若いころの作品だ。彼は塗師(ぬし・・・漆職人)の家に生まれが、ほんとうは絵描きになりたかったらしい。
18歳のころ、河原町の骨董屋の前を通った時、飾り窓に飾ってある河井寛次郎の香炉を見て、「ふわーと酔った」気分になり、
「よしぼくは木工やになろう」と人生を決めた、という話が好きだ。

こんな話もある。その黒田さんに志賀直哉が、机を頼んだ。忘れたころにできあがった机を見て、
「この机にあうように、この部屋を建て替えなくてはいけないな。部屋ができたら、部屋と机にあうように、
主人(あるじ)の首をすげ替えなくてはならないな」とのたまわれたらしい。粋な話だ。

夕方そばのお弟子様が、蕎麦打ちにきた。そのかみさんがカウンターで酒を飲みながら待つ。
先月、彼女が愛用の久保さんの志野のぐいのみを少し酩酊して落として割られた。それを金継ぎに
きた時、漆にかぶれ、しばらく禁酒していた。酒飲みも道具が大事である。命がけで金継ぎをし、
また金継ぎされた器で命がけで酒を飲む。

古い家を上手に改装して住む、ことを「住み継ぐ」という。金継ぎされたり、漆を塗りかえたりしながら、
人から人へ、道具が渡っていき、新しい物語を紡いでいく、のも素敵な旅だ。
まだまだ旅の途中ですが、いい旅だな、を感じる一日だった。

今日はこれから「卵かけごはん」二階では「満つまめの会」 夜は「福の会」
明日がタイムドメイン。
水曜日が「おんなかっぽれ」 日中は「満つまめの会」

なごみを見て なごむ

今日はお花のお稽古。故・原田先生の師の岡田先生がのった「なごみ」という雑誌が手元にある。
古瀬戸の瓶子(へいし)に、竹と松を投げ入れてある写真が素敵である。
先日久保さんから古瀬戸の「瓶子」がおくられてきた。今朝掃除をしていたら、肘があたって、
ころっと倒れそうになった。「平家物語」にそんな話がある。史実かどうか怪しいけど・・・

鹿ヶ谷の陰謀は、平家打倒をたくらんだ。今の野村美術館の近くにある京都東山の山荘で謀議が行われれ、「平家物語」には、成親が立ち上がって瓶子が 倒れ、後白河が「あれはいかに」と問うと成親が「へいし(平氏とかけた)でごじゃる。」といったとかなんやら。平氏が倒れた、という縁起をかついだおじさんギャグ。でもそのころは、命がけだったに違いない。
そんな縁起のいい陰謀があったも平家は倒れなかった!

昨日の道具の話ではないけど、瓶子とはもともとお神酒を入れて手向ける酒器だったらしい。それを華人が花器に「みたてた」。
男らしいたっぷりとしたふうたいだけど、女も酒を飲む(いやどちらかというと若い人らは女のほうが飲む)し、
どちらも屁をするし、瓶子は男女同権かもなんばん。

京都サイズの茶櫃には、連月ねえさんの茶碗と急須を入れてみた。煎茶の世界では京美人の最高峰におわすあこがれの女性。
自分の持っている道具でありながら、少し手がふるえた。瓶子も連月茶碗も倒れてはなりませぬ。

今日は「お花」「お仕覆」のお稽古。
お店は16時閉店。日曜日の夕方は「粒々皆辛苦のそば打ち道場」

明日の朝が「卵かけごはん」夜は「福の会」
火曜日が「タイムドメイン」
水曜日が「おんなかっぽれ」   暑い夏も秋の気配・・・感謝。

🚹の道具 🚺の道具

能登のUFOが好評だ。今週くらいまで「能登の海藻」
は「義馬藻」を使っている。勧進帳で有名な義経と弁慶は
安宅の関から、東北に逃れていった、という伝説がある。
その義経の馬がどうじゃこうじゃ、というのが、この海藻の名前の由来らしい。

義馬藻には、雄株雌株のように♂♀の区別があるそうな。能登の海藻はうまい、と聞いて
いたけど、なるほど蕎麦に入れてもうまい。能登の潮風に吹かれ、梅雨に洗われた梅も絶品である。

本の整理に続き、茶箪笥の中にあるカメラの道具も、コンタックスのカメラ一台を残し、
みんなあげたり、捨てたりした。その時、カメラの三脚の後ろに、桐箱がありあけたら、
漆の茶合がでてきた。大塚の骨董屋から買った漆の沈金。輪島の人間国宝の故・前大峰先生の作。

陶芸家の久保さんのところに預けていた茶櫃がもどってきた。「今日」と蒔絵が施してある。
宗旦翁が使っていたものではなさそうだけど、そちらの道の人が愛用していたものらしい。
その茶人が使っていた結界もいっしょに買った。その箱の包みには京都の茶道具屋の名前があったけど、
今は存在しない。京都もどんどん変わっていく。

少し小ぶりの茶櫃の中に、少し小ぶりの茶碗や急須や茶たくなどを入れてみた。
京都と東京の「美意識」の違いというのは、この「大きさ」にあるように思う。
畳しかり、料理やの器、料理の盛り方しかり。

最近煎茶を習いにきている宇治出身のクンが、この茶櫃をいたく気に入って、「ぜひゆずってください」と
のことであったが、「きみおかま?」といい、「これは女性、しかも美しい女性が持つもんやで」と断った。
男女平等な時代とはいえ、男が持つにふさわしい道具、女が持つにふさわしい道具というのがある。
明日は、お花のお稽古日。秋から煎茶のご教授を始める美しい女性がくる。彼女なんかが「ぜひゆずってください」
といったら、ふたつ返事なんだが・・・しかし彼女は、黄檗モノ、しかも黄檗三筆とか、頼山陽や竹田の掛け軸の
ほうに触手が動いているような気配。そのあたりは、男の道具ではなかろうかとか思ったりする今日このごろ。

今日は「満つまめの会」 夜は「ゆるゆるヨガ」
明日は二階で「お花のお稽古」、「お仕覆のお稽古」  「粒々皆辛苦のそば打ち教室」

動く動画取材   動かない動画はないか・・

水曜日は、なんやらいう「動く動画サイト」の取材があった。
食べ物を中心としたサイトらしいが、石臼に時間をかけた。
縄文時代から、日本人の「食」の中心にあった石臼。
ただし天真庵では、珈琲専用ではあるが・・・

最後に柱時計の音を丁寧に録音してくれた。どんな映像ができるか楽しみである。
なんやらいう動画サイト・・カチカチカチ・・・という静かな時計の音の中で静かに
珈琲を飲む・・・至福の時間。私腹を肥やすのに忙しい輩には一生持てない時間。

昨日は表参道にいく。織田流煎茶道の茶室があるので、一番通った町。
骨董通りもあるし、炎色野とか素敵なギャラリーがあるので、誘惑も多い町。

家とお店の本棚に本があふれだしたので、先週、ばーーーーと捨てた。
表参道にある古本屋から買ったものが多い。将来ゆっくり時間をかけて読もう、
なんていう本は、九州の実家におくってある。ぜんぶあわせると、「古本屋カフェ」
ができそうなくらい。

その古本屋の一件をのぞく。オヤジがおくで「ひさしぶり」という顔をする。
歌舞伎と能の本でおもしろそうなものを見つけ、そばの本と三冊買ってリュックに入れる。
序の口。その足で青山ブックセンターに・・・
おもろすぎるような本を一時間かけて3冊ゲット。6冊をリュックに入れるとパンパンになる。
むかしは、それに両手に紙袋よろしく、浮浪者のように青山通を歩くのが毎週のならわしだった。
そして大坊珈琲で一服、というのが青山ブラのコースだったが今はない。ので浅草まで銀座線に
のり、行きつけの珈琲屋で珈琲片手に本を読む。そんな休日だった。

明日はかすみちゃんがピンチヒッターみたいなヨガをやってくれる。「ゆるゆるヨガ」
「満つまめの会」もある。

日曜日は「粒々皆辛苦のそば打ち教室」  そばの一粒一粒の命をどう美しく輝かせていくか?
そばの美学はそれにつきる。26日には素敵なライブがある。時計の音の中で珈琲を楽しむ。
素敵な音楽を聴きながら食事をする。そんな一瞬一瞬も、粒々皆辛苦の輝きの時間である。

26日(土) うたイロトリオの夏 初ライブ!!

演奏:田嶋真佐雄(コントラバス)・さとう じゅんこ(うた)・熊坂路得子(アコーディオン)

19時開場 19時半開演  ¥5,000 (お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

敗戦72年

今日はそんな日らしい。今朝の一面にそんなことが書いてある。
その下の本の広告に「この世界の片隅に」が100万部突破とある。
戦争体験者が少なくなり、戦争を知らない人たちであふれているけど、この本を原作
とした映画は、今風のクラウドファンディングなどを駆使するなどして、大ヒットした。
浮雲急を告げる危うい空気を感じた人たちの「このままでいいの?」という時代感を反映したのだろう。

昨日は「卵かけごはん」だった。朝のブログで「本日の漬物は、隕石ぬかづけ」と書いたら、
それを見たご夫婦が初めて、のれんをくぐった。隕石の引力は、やはり地球ではないレベル?

天真庵の建物は、72年前の3月の「東京大空襲」で焼けた跡に建てたもので築72年。
何もない時代に、あるものをかき集めて、簡素に立てた、というのがいい。

400年前に茶の経典「南方録」にこんな有名な言葉がある。

家ハ漏らぬほど
食ハ飢えぬほどにて事足れり
薪水を己で運び ただ湯を沸かして 茶を点てて
仏に供え 人にもほどこし 吾ものむ

400年後の今・・・そんな「哲」が日本人の暮らしにいきているのだろうか?

本日はまーくんの「満つまめの会」。

隕石ぬかずけ?

昨日も「能登そば UFO」がいっぱいでた。
海藻と梅の汁がなかなか好評で、そこに梅酢を適宜いれると、
そばの味が異次元に移行する。まさに「ユッ!フォー」。
筆舌が及ばぬ宇宙な世界。

先週、押上のスカイツリーの足元にある「隕石直売所」をのぞいた。
そこの店主は、ぼくと同郷の「むなかた」。お互いに故郷が「世界遺産になった」
ことを、微妙に確かめあう。
「星の王子」と世間では呼ばれているその主人が「ぬかみそに隕石を入れると
めちゃくちゃおいしくなるけど、ぬかがない」と単刀直入にいうので、天真庵のぬか
をわけてあげた。

そのお礼に「隕石ひとかけら」をくれた。宇宙的な「原始的ぶつぶつ交換」
それを、珈琲塾でだしたら、「うまい」といった女子ふたりが「隕石」にはまった。
宇宙人は、地球人の食卓の「ぬかずけ」をおいしくするために、わざわざ落としていってくれた、
という仮説がなりたつ?・・・でも実際にめちゃくちゃうまくなる。
そのうち、表に「隕石ぬかづけ直売所」なる看板がたつやもしれない。

今日はこれから「卵かけごはん」
ごはんは福岡の「元気つくし」 卵は「美濃の平飼い卵」 今日は玉ねぎ、ごんぼ(ごぼうの京都弁)、もやし、にんじん
の味噌汁(てまえ味噌)。そして漬物は「隕石ぬかみそ」

能登そば UFO 飛んでいます!

ついこないだの朝、突然思い立って、かえしを新しい醤油を配合してつくり、
試作をまかないで食べ、そのまま商品にした。最初に注文、してくれた、もとい
半強制的に食べさせられたのが、押上文庫の文庫ちゃん。依頼、毎日そばの半数近く
が「ユッ フォー」とあいなりました。感謝。

能登の梅と、義馬藻という海藻の組み合わせの妙が、なかなかおもしろい味を醸し出す。
能登のカフェとか食堂とかそばやさんで、メニューに加えたい方がいたら、かえしの作り方
などレシピをお教えします。もちろん無料。能登でひろがれば感無量。。。

自然とよりそって、縄文時代から地産地消の精神で生きている「能登の力」を、梅や海藻
を通して、教えられる毎日。東京に住んでいたら一生味わえない貴重な経験をさせてもらっている。

今日は日曜日。16時で閉店。それから「能登の食材を使った料理教室」

明日は月曜日。月曜日の朝は「卵かけごはん」  

日航事故から32年

はやいものだ。取引先の部長と、取引先の社長の結婚式で同じテーブルについた社長
もその事故で亡くなられた。
人生はどこでおわりになるか、神のみぞ知る。でも「死ぬまで生きられる」のは、人間も知っている。
死ぬまで悔いのないように生きて生きて生き抜いてみたいものだ。

昨日はももちゃんの薩摩琵琶ライブだった。薩摩琵琶は薩摩武士の「たしなみ」のひとつとして発展してきた。
大きなツゲのバチで絹の糸をベンベン・・・とつまびく音が、魂をゆらし、精霊たちをあの世からよみがえらせる、
そんな音色だ。♪祇園精舎の・・・諸行無常の響きあり・・・・・悲喜こもごもの人生の流れをろうろうと語るにいい楽器だ。

ももちゃんが今月結婚した。昨年はじめてのデートの時に、元気シールを貼った「おまもり」を忍ばせてでかけた。
そんな大和撫子のようなかわいらしい「品」が音にのってきた。満席のお客さんから祝福され、花ある演奏会が一層華やいだ。
命短し恋せよおとめ。

今朝は庭に華憐なツユクサが紫の小さな花を咲かせた。この花が咲く時は、久保さんの高さ60cmくらいの細い
織部の花器に投げ入れる。葉がちゃんとしているのが、数時間なので、いつも床の間に飾り、煎茶を一服することにしている。
花の命も人の命も、刹那の中にこそキラリと輝く。