英語でそば会

昨日は「長屋で女史会」だった。50回目。
昨年から「本能寺の変」を二年間かけて勉強している。信長
という代表的な武将のまわりの女性たちに焦点をあてると、とてつもなく
縁とかくされ縁、死にいたる縁、いろいろな物語が埋もれていておもしろい。

そして「旅」のように、途中下車したり、予定のない地に足を踏み入れたり、脱線したりして
ときどき「新しい世界」を逍遥したりする会だ。昨日は「日本の芸能と差別の歴史」
という、教科書や学校ではぜったい教えてくれない歴史を勉強した。ここでは絶対にかけない内容だ。

そもそも芸術というものは、今の時代みたいに、行き詰まり感や終末感にあふれ、世の中の価値観がガラリとかわる
ような分水嶺みたいな時に、芽吹いたり、花が咲いたりしてきた。振り子がなんども繰り返し
の運動をするように、右へふれたり、もどってきたり、左へふれたりするものだ。「大変な時代」
を生きているけど、視点をかえると、ウキウキするようなことも多い。やはり

「終わりは始まり」

なのだと思う。

今日は「英語でそば会」
スカイツリーのところで、先生と生徒が集まって、観光客に英語で「ちょっといい店があるのやけど、茶せーへん」
と声をかける。昔から伝統的に「ポンビキ」といわれた世界。

昨日の授業で習ったばかりだけど、浅草の再生和紙の職人が、紙を再生させる時に熱を加え、それを
自然にさます時間に、「ちょっとひやす間に、散歩しょか」とかいって、吉原界隈にいき、女郎たちの顔を見たり、声
かえる所作から「ひやかし」という言葉がうまれたらしい。

「ちんぴら」というのは、ふんどしもはけないような身分の人が、けんかしたり、仁義を切ろうとがにまた
になった時に、「チンチンがピラっと」見えるところか銘々された。
まだブリーフがない中学時代、ぼくの友達が体操の時に、パンツからのぞいたことがある。それ以来
彼は「ピーロン」とあだ名された。「チンピラ」でなかったので、ぐれることなく彼は九大までいった。
もうひとりそのままずばり「チンポ」というあだ名の友達もいた。言霊に導かれるように今は「産婦人科」の先生をやっている。

こんな話をしていると、終着駅が見えなくなく。それもまた旅のおもしろさではあるけど・・・

長屋で女史会  男子も熱烈歓迎

先日やった「春画のライブ」は、混浴というか男子も女子もいっしょに
並べて春画の歴史や朗読を楽しんだ。ときどき、「男子禁制」でやるらしい。
女子高の世界は、うわさでしか聞いたことがないけど、すごいらしい。
やはりバランスよく、男も女もいたほうがいいような気がする。

月曜日の朝は「卵かけごはん」。震災の起きた年2011の一月からやっているので、かれこれ7年になる。
東日本の震災311からもそんな時間が経過している。相変わらず、復旧には遠い気がするけど、
原発は動き出し、世間ではオリンピックに向けて前進している。前向きどころか、あさって
のほうに歩んでいるようなことが多い?と感じるのは、自分のへそがまがっているからだろうか?

卵かけごはんが始まって、「卵」に凝り始め、休みになると、千葉や茨木などの農家さんを訪ねたりする日々が続いた。
そして、茨木の八郷(やさと)で若い人らが、まじめに野菜をつくり、にわとりを飼っている生活にふれ、そこで
毎年そばを打つ、というのも年末の行事になってきた。「暮らしの実験室 やさと農場」という。
そこで野菜や卵を注文すると、彼らの手づくりの「新聞」が入ってくる。季節ごとの芽吹きや、雑草取りや土づくり、
開拓、収穫のよろこび、それをこうやっていただく・・・人間の自由で理想的な暮らしが息づいている。
都会にいると、なんでも「お金」が優先する。不幸なことやと思う。しかも不耕。耕そうにも「土」がない。
土をつくっていく、緑をつくっていく、そんなことができないのは、人生を構築することはできない、と、昭和の哲人・中村天風先生が
のたまわれていた。そのとおりだと最近つくづく思う。

今日の「卵かけごはん」は、その八郷の「暮らしの実験室」の卵。平飼い(普通は、工場みたいなところで育てている。)
やし、男子の鶏も入っている檻で、いたすこともでき、有精卵なのであります。餌も無農薬の野菜のおこぼれを食べている。
「なんか黄身の色がうすいボリボリ」とかいうバカもときどきいる。本来の健康的な卵の色はうすいのだ。無理やり飼料
の中にいろんなよけいなものを入れて、「黄金の・・」とか「赤い・・」とかいってそれになにもかんがえず、「おいしそう。。ぼりぼり」
とかいって買わされている人が多い。
味噌汁の実も、八郷の野菜。今日の香のものは「かぶのぬか漬け」。昨日の「手前鮨をにぎる塾」では、魚のほかに
この「ぬか漬け」をのせて食べた。かすみちゃんなんて、合津娘の雪かすみ、という酒をぐびぐび飲んでいた。

この「かぶ」は、原種の種をきちっと保存している農家の人がつくった。今流通されている野菜のほとんどは、「F1種」いうて、
一年きりしかできないように遺伝子操作されているものだ。毎日口にいれるもののことを、ちっとはまじめに考えてみたいものだ。
手前味噌だけど、今日の味噌汁は、天真庵の手前味噌。今年は昨日の美人の獣医さんで終了。101人がつくった。

31日(土) 上原英里シャンソンライブ

演奏:上原英里 (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

4月28日(土) 「ソボブキ龜樂」

西尾賢(ピアノ/三味線など)
藤ノ木みか(歌/打楽器)
豆奴(おまけ)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

101匹のワンちゃん

今日で「手前味噌つくり」が終わり。パチパチパチパチ・・・
101人目は、ワンちゃんではなく、獣医さん。3年目になる。
彼女の嫡男さんが産まれてすぐに、いっしょに作りにきた。
かあさんの手作り味噌を食べて、元気いっぱいワンパク盛りだ。
今年は幼稚園のママ友さんの存在がキラリと光った。

7月には「梅林ガールズ・梅仕事」で、梅干し、梅酒、梅シロップ、梅味噌などを
作る教室を予定している。昨年は発信せず、実験的に同志を集ってやってみた。
能登の梅をつかってやるのだが、海風のたっぷりのミネラルで育つ野趣の妙が、
素晴らしかった。今年は希望者がいれば、能登で梅仕事のコンシェルジュも
やらせてもらう。青い海、空、土・・・能登の自然にふれていると「必要なすべて」が
視界の中にある。そんな気持ちになる。

昨日は山本ひかりさんのライブ。一昨年の10周年記念も彼女がやってくれ、
「旅」「天真の香り(天真庵のテーマソング)」「長い夜」を披露してくれた。
昨日も歌ってくれた。一年の充実した彼女の人生が、みなのこここに届く。
「長い夜」は、「ああ、あの人は今なにをしているのだろう」なんてふと思うような夜に聴くと
最高な曲。昨年末にひかりさんは婚約をし、昨日もフィアンセや親戚の人たちもきてくれて
なごやかなムードになった。そんな旅の途中にできた歌。恋愛をしている時も、失恋をしているときも、「今ここ」である。
終わりは始まりで、すすんでいかない女の人生なんて人生ではない・・・そんなボサノバの名曲「女」(原曲名は、なんやら・・)
も歌ってくれた。

今日は日曜日なので、16時閉店。「蕎麦打ち道場」&「手前鮨をにぎる学校」
「手前・・・」は、南島原や能登でやっているうちに、定番になってきた。
そばより鮨という人もいるので、4月から開講。第一日曜日は、定員5名(4名が決定 あとひとり)

31日(土) 上原英里シャンソンライブ

演奏:上原英里 (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

4月28日(土) 「ソボブキ龜樂」

西尾賢(ピアノ/三味線など)
藤ノ木みか(歌/打楽器)
豆奴(おまけ)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

春画もライブも、生がいい!

昨日は「春画の朗読会」だった。最近、春画が世界で評判になっている。
墨田区はその代表選手みたいな北斎のゆかりの地であり、舞台になった遊郭などは、
この界隈は枚挙にいとまなく存在している。まだまだ残り香もある艶冶なとこ。

夕方近所の齢(よわい)80のじいちゃんがそばを手繰りにきた。
そば前に「クロキリのそば焼酎割り」を3杯所望。ほんとうは糖尿病で毎日自分で注射をし、
目も片方は失明、なんとか右目が効いて、かろうじておぼつかない足で歩いていて、家族や医者からの禁酒されているけど、
「酒がなくてなんの人生」と意気軒高なじいちゃん。
途中で「はばかり」といって二階にヨタヨタと上っていった。降りてきたら、「今日は素敵なライブがあるんだね」
という。トイレに貼ってあった春画の朗読会のチラシを、右目で読んだらしい。「見えるじゃない」
とからかうと、「まだスケベだから」だって。昔向島で芸者に教えてもらった句がよみがえる。

生きとし 生けるもの みなアレが好き

春画は、スケベな人ほど、大きく誇張された男女のアレばかりに目がいき、讃、というか、横に揮毫された
文字にまで目が届かない人が多い。もっとも江戸時代の文字を読み解くのはなかなか大変なことではあるが・・・

二部はそんな春画の横の文字を解読して、朗読する。
後家さんの家の蔵の二階に、掃除の手伝いにきた若い男。操(みさお)を信条にする後家さんを
若い男がうしろからはがいじめをし、帯をほどき・・・いたす。よくある話である。
しかしながら、春画の奥方の表情を見ていると、男よりも目が生きていて、うれしそうで色っぽい。
ほんとうは、筆おろしをしてあげる、くらいの気持ちで誘ったのかもなんばん・・・こんな都都逸がある。
これも向島にあったお店の女将に教えてもらったものだ。「いいね」は、こんな都都逸にいってほしいね。

二階貸しましょ お望みならば 下も貸します 後家じゃもの

酩酊したおじいちゃんを、奥様が迎えにきた。スケッチをやっていて、「船橋の海と舟を描いてきた」
という。舟を題材にしたこんな都都逸もある。

この舟はあなたがのる舟 あなたの竿は 私がいくとき 借りる竿

束の間の人生、生きている間に、しなくてはならないことは、しておいたほうがいい。感謝。

今日(土) ゆく冬くる春~4山本ひかりのボサノバとオリジナルソング~

演奏:山本ひかり (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

31日(土) 上原英里シャンソンライブ

演奏:上原英里 (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

4月28日(土) 「ソボブキ龜樂」

西尾賢(ピアノ/三味線など)
藤ノ木みか(歌/打楽器)
豆奴(おまけ)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

今日は「春画の朗読会」をやります!

不思議な縁で、そうゆうことに、あいなりまして、そうろう。

水木は「かっぽれ」。春画もすだけど、かっぽれも、少しエロティックで
「くすっ」とスパイスのきいた笑いがあるところがいい。ネットなどで「モロ見えな時代」
というのは、なんでも見えるけど、「粋」とか「艶」とかいうものが見えない。
見えないとこ、聞こえない声を見たり聞いたりするのが「粋」であり「艶」だと思う。

水曜日の「おんなかっぽれ」は、「おきんたま」で盛り上がった。
4代目亀楽家元のCDを聴いていたら、みんなウキウキしてきて、まるで花見で
「ヨカチン」でも踊っているフンイキにいなった。サマーズの三村さんのおばさんでも
ある先生が「なまでみたい」(おきんたまでなく、亀楽)とのたまわれたので、4代目家元
に連絡して、4月28日(土曜日)に、天真庵でライブをやることに、あいなりまして、ございます、そうろう。

そんなわけで、春爛漫を前に、いろいろなワクワクする話題が目白押上にて、ござりまするんるん。

本日(金)は、「春画の朗読会」 19時から 3000円。(蕎麦会つき・飲み物ワンドリンク付き)  

3日(土) ゆく冬くる春~4山本ひかりのボサノバとオリジナルソング~

演奏:山本ひかり (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

31日(土) 上原英里シャンソンライブ

演奏:上原英里 (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

梅が満開 

火曜日は「書の会」だった。満開とか梅の字を書く人多し。
筆先の感じ、墨のにじみ具合も春近いを感じた。
二階には、大綱宗彦禅師の「梅」の軸をかけている。その字を
初めて書にきたF氏が読み解いてくれた。

須が原の神の仏ぞ似たるかな 清きに出日の 梅を好むか

昨日は大塚にK氏を訪ねる。昨年末に奥様をなくされ、先日長い電話を
いただき、その話の続きをしにいった。
大分の日田の中津江村出身。国鉄時代、大塚駅長を務めあげ、退職後に不動産やを
立ち上げ、その奥様と二人三脚で「大塚にK商事あり」といわれるまでになった。

ぼくがやっていた組合の事務所や、後輩の美容院、今月ライブをやる英里さんもお世話になった。
日田は日田林工という野球の強い高校があり、山林にかこまれた風光明媚なところ。
日本の山は手入れが行き届いてなく、存亡の危機に瀕している。それを見かねて、10年ほど前に
山をふたつほど買い、椎茸を栽培したり、森林組合の人たちと、保存を目的にジョイント事業を
立ち上げた。今年82歳。「自分の生きている間は、どうにもならんかもしれんけど、もっと花が咲き
、ウキウキするような山にしたい」と目が光っている。ひさしぶりに今年の夏に日田にいく約束をした。
「自分だけ、今だけ、金だけ」の時代に、自分がなきあとのことに尽力する姿に感動した。そうありたいものだ。

昨日は「おんなかっぽれ」  みんな遅刻をして、ただの飲み会になった。亀楽のCDをかけたら、
みんな盛り上がった。春あたりにもう一度ライブをやろうかしらん。
今日は「おとこかっぽれ」   昨日の女子たちも合流して今日は混合かっぽれになる。

明日(金)は、「春画の朗読会」 19時から 3000円。(蕎麦会つき・飲み物ワンドリンク付き)  

3日(土) ゆく冬くる春~4山本ひかりのボサノバとオリジナルソング~

演奏:山本ひかり (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

31日(土) 上原英里シャンソンライブ

演奏:上原英里 (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

昨日は掃除 今日は荘子か?

どげんこげん、ゆうちゃってくさ、道元さんは偉い。
掃除・洗濯・土を耕す・料理をする・くそをする・・・日常生活の中のすべてが、わたくしたちの修行です、
と説いた。「典座教訓」は、世界的にも稀有なご本だと思う。

昨日は順受の会。わかりやすく「論語の会」といっている。今年は「荘子」を勉強中。
昨日は近くでシェアハウスを営む、ぼくのお茶のお弟子さまが初参加。もうひとりお茶のお弟子さま
が参加する予定だったけど、ポカして欠席。23年もたって、平均年齢が後期高齢者までいまかないけど、
古希に近づいてきた。少し若い人が参加するのは、とてもいいことだ。

京都に淡交社というお茶専門みたいな会社がある。天真庵の一階の本棚にもあまた並んでいる。
「淡交」というのは、荘子の言葉。「君子の交わりは淡きこと水の如く 、 小人の交わりは甘きこと醴(れい)の如し 」
あっさり一期一会みたいなお付き合いがいいよ、といわれた。「醴」は甘酒のようなもの。甘いのはいいけど、
ベタベタするのはアカンよ、ということか。

話はずれるけど、最近、「あま酒」がブームらしい。ご近所に住む、珈琲のお弟子様がときどき
もってきてくれる。ヨーグルトメーカーでつくるらしい。左党なので、お酒の入っていない甘酒を、
酒と呼ぶのもやめて主義みたいなところがあったけど、彼女のつくったものを飲むようになって人生観がかわった。
先日は玄米でつくった甘酒をごちそうになった。今は毎日、味噌作りに麹を使っているけど、これが終わったら
甘酒もつくってみたくなった。

今日は「書の会」
大塚江戸一で知り合った貞本さんがやってくる。論語・荘子・書・花・茶・・・みんな根っこがつながっている。

水曜日は「おんなかっぽれ」と味噌つくり 木曜日は「おとこかっぽれ」と味噌作り

週末は3月。はやいね。

3月2日(金)は、「春画の朗読会」 19時から 3000円。(蕎麦会つき・飲み物ワンドリンク付き)

3日(土) ゆく冬くる春~4山本ひかりのボサノバとオリジナルソング~

演奏:山本ひかり (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

31日(土) 上原英里シャンソンライブ

演奏:上原英里 (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

今日は「論語の会」

昨日は「蕎麦打ち教室」と「味噌つくり」を夕方からやった。
約四半世紀も付き合いのある友人が作務衣をきて初挑戦。
「お、拾得(じゅっとく)が憑依しているね」というと、照れくさそうに
笑っている。

彼とは本日の「論語の会」の縁で知り合った。23年目になるので、四半世紀に近い。
曹洞宗の座禅も20年やっておられる。ぼくも若いころ総持寺に座禅に通い詰めた時期がある。
来月は「もと総持寺」にいって座禅をしようと思ったりしている。もともと総持寺は能登に
あった。大火があり、今の鶴見にうつった。

曹洞宗の道元禅師の本に「典座教訓」というのがある。典座(てんぞ)というのは、お寺のまかないを
やる人で、畑の野菜と忖度(そんたく・本来はこういう意味で使う。政治用語ではない)しながら、献立を
つくる。その努力を精進といい、精進料理が寺のまかないになった。
おそばももともと、「寺方蕎麦」といい、精進料理に起源がある。そのころは、大豆のゆで汁に醤油を
いれて、汁にしていたらしい。だから二月の天真庵は、毎日大豆をゆでているので、さながら押上の「寺方そば」だ。
自然農で育った青大豆のゆで汁は、見知らぬ星のお店でもだせない味。

寒山拾得(かんざんじゅっとく)の「拾得」は、箒をもっている。「作務」をしながら、典座の修行をされている姿なのだ。
オールドフレンドは努めていた会社を退職され、今はマンションの管理人の仕事をしている。毎日掃除をしたり、
ゴミ出しをする。マンションの住民は、素知らぬ顔して、拾得のような彼を見て見ぬふりして会社にいったり、
幼稚園生をつれておかあさんが忙しそうにチャリンコででかけたりするらしい。
毎日が単純な作業だけど、いろいろ工夫をしたりしていると、「おもしろさ」や「奥深さ」の発見があるそうだ。
そして、知らぬぞんぜぬの住民たちに、積極的に「おはようございます」と笑顔で接していくと、3か月もすると、
箒をもっている後姿に元気な「おはようございます」がなげかけられたりするそうだ。和顔施(わがんせ)、そのものだ。
今のスマホ人や、隣は何をするひとぞ・・・の都会では大事なことかも。
そんな話を味噌つくりをしながら幸せそうに話している。お寺で修行しなくても、在野に学びの場があり、毎日が修行の場なのだと教えてもらった。

先週古本屋で見つけたある中学校の俳句集にこんなのがあった。

ぼくたちも 寒山拾得 落ち葉掃く

今日はこれから「卵かけごはん」。夜は「論語の会」(順受の会、という)
まーくんの「満つまめの会」も二階である。

日曜日は蕎麦打ち教室

今日でオリンピックも閉会。
毎日、近くの新聞屋さんに新聞をもらいにいく。
手前味噌を、仕込んだ容器をその日の新聞で包む。そうすると一年くらい寝かせて
味噌を開ける時、あ、あの時は高木さんが金とった日だった、ということになる。
容器の中の菌にも金メダルをあげたくなるに違いない。

昨日はみなちゃんが初めて味噌作りに挑戦した。かみさんの弟の嫁さん、
で3人の母。ぼくにとっては、甥っ子姪っ子のおかんにあたる。
これから先が長い世代に、命の元、飲む点滴の味噌汁の元、を伝授したのは意義深い気がした。
毎年正月には、彼女たちと「手前鮨大会」をやるのが、事始め。来年はその日に、「味噌開き」もいっしょに
やろうかしらん。

今日は日曜日なので、味噌作りのほかに「蕎麦打ち教室」がある。
毎月第一日曜日は、「蕎麦打ち教室」の後に同じメンバーで「手前鮨をにぎる会」をやっている。
最近、そこから参加したい、という希望者も多くなってきた。
これは島原や能登でもやっていて、全国に広がる「庶民運動」になっていきそうな気がする。勝手にそんな気
がしている。「島原の鮨学校」とか「能登里海のすし大学」なんてどうだろう。
いつも冗談をいっていると、それが具現化していくので、少しこわい気がする。ワクワクするけど・・

明日は月曜日。月曜日の朝は「卵かけごはん」夜は「論語の会」今年から荘子を勉強している。
もう新人はとらない、つもりでいたけど、ぞくぞくと新人女子が参加。オリンピック同様、めどき。
火曜日は「書をしよう会」

2日(金)は、春画の朗読会。
3日(土曜日)は、山本ひかりさんのボサノバの弾き語り。いよいよ「春」の足音が聞こえてきた。

手前味噌を持参する弁当

今日は東京は13度くらいになるらしい。雨水を過ぎて、寒かったり
あたたかくなったりを繰り返しながら、「春」を近くに感じる今日このごろ。
毎年春になると、山本ひかりさんのライブがある。今年のタイトル「ゆく冬くる春」
冬眠から覚めた動物たちが、ふきのとうなんかを食べながら、目や内臓を覚ます、といった感じ
で、春の里山で、ホオジロが「一筆啓上つかまつりそうろう」と鳴くような歌で春を迎えたい。

昨日はベテランの味噌作りママさんが手前味噌をつくりにこられた。かれこれ7年くらいになる。
ひとりは、「娘たちが弁当に、味噌と野菜のスティックをもっていく」とのこと。モデルのようにスレンダーで
きれいなママさんの娘は、きっとモデルのような仕事をしているかもなんばん。
何十回も読む本に、水上勉の「土を喰らう日々」というのがある。福井の寒村で生まれた著者は
9歳で京都の寺に預けられ、老師の身のまわりの世話をする。その時に、典座(てんぞ)よろしく、
精進料理を身につける。売れっ子の作家になり、軽井沢に書斎を移し、畑仕事をしながら、書いた本。
父親が山で仕事をしていて、春になると味噌を弁当に入れ、山菜などを採りながら回想する文を
思い出した。家の台所に「手前味噌」があると、人生が変わってくる。そんな理(ことわり)がわかる本だ。

今日は「満つまめの会」

3日(土) ゆく冬くる春~4山本ひかりのボサノバとオリジナルソング~

演奏:山本ひかり (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

31日(土) 上原英里シャンソンライブ

演奏:上原英里 (唄・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)