押上のシェアハウス旧邸

キラキラ商店街を抜けると、明治通りにぶつかる。
そこの角に「ブンカン」がある。天真庵を改装途中に
縁があり、元喫茶店(スナック?手風琴)だったところに、
天真庵の改装であまったモノを使ってつくった。ので、
なんとなく兄弟店?のような雰囲気がある。

そこの初代店長の「なつきくん」が南島原に移住して「口之津巷珈琲焙煎所」
(みんな漢字にすると中国のお店みたい?)
をつくり、その地域にはなくてはならない「居場所」になっている。
毎日くるおじいちゃん、おばあちゃんが、聞き取りにくい九州弁でなんだかのたまって
おられるのを、なつきくんがボーとした普段顔で聞いている。
「九州人の自分でもわからんのに、よくわかるね?」と問うと
「毎日同じことしかしゃべらないので・・・」とのこと。なるほど達人の域に到達してきた。

二代目の店長の「ぼっちゃん」はもっと若いけど、おばあちゃんおじいちゃんの「もてなし」
にたけていて、老若男女の幅広いファンを獲得している。
田舎暮らしに最も大切な「こころ」を二人の後輩から学ぶ。「近頃の若い者」はすごい。
「日替わり店長」制度はなつきくん以来の伝統で、オムライス、稲庭うどん、カレー
など毎日ちがった店長がそれぞれの得意料理を提供するスタイルだ。

そこから300mくらい右にった対面に、「旧邸」がある。
主人の「だいきくん」は、そば・お茶のお弟子さま。最近は「論語」「書」「寿司の会」
も参加されていて、天真庵の寺小屋の常連でもある。6月は先祖さまの残した
春日茶を摘んだりすることをライフワークにしていて、界隈の若者も年に一度
「茶摘み娘」になったりして自然にふれあう、水を得た魚のように元気だ。

「旧邸」はシエアハウスで、そこの住民の人たちも、蕎麦を手繰りにきたり、
味噌作りや梅干しばあちゃんになりにきたりする。それぞれのカフェやシェアハウスが
コミュニティーの場になり、「居場所と出番」を醸し出す場になっている。

天真庵は、能登に軸足を移し、いったりきたりの「二股暮らし」になってきたけど、
この町には、根っこから繋がっている「根粒」のようなものが残せたかな・・とか
最近すこしうぬぼれている。でもきっとまたその中から能登に「梅仕事」とか
を手伝ったりする中で、移住したりする子らもできそうで、もっと楽しみだ。

今日は日曜日なので16時閉店。それから「日曜日は、そばもんになろう会」
明日は「月曜の朝は卵かけごはん」
火曜日から木曜日は「能登里浜時間」  夏までには「寒山拾得美術館」ができあがるハズ。
目標とか期限とか「きめず」に、マイペースでぼちぼちやっている。

昔は「大輪の花が咲くように・・・」といったり、最近では「その場その場で咲きなさい」
とかいう言葉が流行っている。そんな必要はないんじゃない。
どうしても「がんばって・・」とか「努力して・・」とかいう「付属語」が見え隠れする。
花は「美しく咲こう」とか「きれいといわれたい」とか思っていない。「ただ」咲いているだけ。
それを発見する人の「美」だ。笑顔のいい人は、そのまま床の間の茶花のような「風情」がある。

旧邸の床の間に、葉蘭が生けてあった。竹の寸胴に、「くばり」をけずり、真を中心に七枚の逆勝手の
生花。竹は、節々でも元気にまっすぐ伸びる、の縁起でよろこばれてきた。でも本当は、目に見えない
地面地面の下にぎゅっと根をはっている姿がいい。人の値打ちも「そこらいへん」ではないかしらん。感謝。

瑞穂(みずほ)の国のジェラートとほぼぶらじる

昨日「情熱大陸」を見た。日曜日に紹介された「マルガージェラート」
HPのオンデマンドで一週間くらい見れる。テレビを見なかった人はぜひ見てほしい。
今月の末あたりに「梅茶翁」の梅林で梅仕事がある。週末はカフェをやっていて、
メニューに「ホボブラジル」がある。昨日は朝から焙煎をして、能登町瑞穂まで
「豆の旅」。

マルガージェラートの本店は売茶翁と同じ集落にある。(石川県鳳珠郡能登町瑞穂163-1 )
「みずみずしい稲穂がとれるところ・みずほ」なのだ。もともと日本は「豊葦原千五百秋水穂国」(とよあしはらの ちいおあきのみずほのくに)
と呼ばれていた。
言霊の存在を感じない人でも、瑞穂にいくと、凛然とした不思議な空気感を感じるハズだ。
球速な勢いで都会が住みにくくなっているように思う。休息が必要かもなんばん。
能登の源流みたいな場所であり、日本人のこころのふるさと、みたいなところ。

梅茶翁にいくとき、マルガージェラートが営業中だったら、必ず立ち寄って、
「よもぎのジェラート」を食べる。昨日の番組を見て、「!」とくるものがあり、
今朝はまた新しい豆を焙煎して、水出し珈琲を仕込んだ。みずほの国で、水出し珈琲・・・
いい年をしてスイッチがはいると自分でもクレイジーだと思うことがある。
寄る年波をわすれ、スイッチが入ったり、スケベになったり・・・が生きていることだと勝手に思う。
まわりには少なからず迷惑をかけるけど。火遊びをすると神様におこられる?

今日は「旧亭」で不思議な勉強会がある。物理学みたいな瞑想みたいな・・都合しだいではドタサンしたいと思っている。

根っこから、繋がっている

青山で開催されている「原爆堂展」を手伝っている長崎剛志くん
の名刺には「根っこから考えます」という文字があった。
天真庵をはじめたばかり、彼も芸大をでたばっかりなので、20年以上前の話。
知り合いの絵描きが新宿で展覧会をしていた。その同級生の長崎くんの版画が
同じ場所で飾れれていた。若書き、というか勢いのいい白黒の版画で「助ける手達」
という題だった。本人は在廊していなく、名刺をおいて帰ったら、しばらくして連絡があった。

何年かして、彼と久保さんのコラボで「今のもの」という展覧会を何年かやった。
芸大の連中が、ぞろぞろ天真庵に集まりはじめた。建築家の中西、テキスタイルのuna、
串本の田並劇場を蘇がえしをやっている林くんの3人が、天真庵の押上の改装をやってくれる
きっかけになった。「縁」であり、根っこが繋がっている人たち。みんなおっさんになったけど、
それぞれの分野で頑張っているのがいい。
「助ける手達」は、能登の「寒山拾得美術館」の玄関にかけてある。
訪れる人たちの「助ける手達」になるに違いない。
芸術の「真・善・美」は一瞬にして、人のこころを打ったり、人生観を変えたりする。
そのためには、ひごろから感性を磨いておく必要がある。「こころを空っぽにしておく訓練」
昔から禅林では「洗心」といっていた。

先日あったばかりの蝋燭デザイナーのCさんが昨日遊びにきた。お茶を飲みながら
話てるわずかな時間に、共通の友人なんかかでてきて、お互いにびっくり。
たぶん今年中どこかのライブで、蝋燭がコラボしそうな感じ。
同じ山口出身の国貞雅子に「こんど蝋燭ショーをやらないか?」とメールをしたら
「趣味がだんだんエスカレートしてますね」と返事がきた。もうすぐ新しいcdがでるらしい。

6月は、能登に二度いき、福岡の実家の「松の手入れ」もあるので、
ライブの予定をいれていない。7月は素敵なライブがふたつ。
お店が始まってからずっとやっている「浴衣ライブ(花火大会の前座ライブと彼らはいうけど)
と、海の日のトリビュートジャズ。

7月16日(海の日)
大石学 ライブ 19時から 5000円
7月28日(墨田花火大会・浴衣ライブ)
もにじん   17時から  3000円

ともかちゃんがすごいCDを出した。

今日、東京も梅雨入りで、朝から雨。
雨の日は「大石学」さんのピアノを聴くのがいい。
毎年7月の「海の日」に天真庵でライブをやってくれる。
2011年の夏、大石学トリオのドラマー「セシル」が海の事故
で天国に召された。翌年から「海の日」は天真庵で「トリビュート・ライブ」。
その日は天国からセシルが遊びにくる、と大石さんもぼくたちも感じる、神がかりなライブ。
セシルが駐車場にしていたのが天真庵のとなり。今はぼくの車がそこにある。

昨日は「三輪知可」ちゃんから手紙とCDがおくられたきた。新しいCD「PIECES OF LIFE」。
本日発売。昨年大石さんと天真庵でライブをやってくれた。このアルバムも音楽は大石さん。
天使のように澄んだ声と、彼女のオリジナルな詩、曲に、大石さんの独特ワールドがからんで、
唯一無二な曼荼羅世界をつくりあげている。今日は朝から雨で、日本橋と青山を梯子して、
夕方かえってきて、このCDを聴いている。超おすすめ。彼女のhpからもアマゾンでも買える。

今日は朝いちばんで日本橋の三井記念美術館の「松平不味」を見に行く。その足で
Hiroaki Sagara Exhibition「Ligter」を梯子。36歳くらいのころ、「雇われ社長」
で、小伝馬町のIT会社の社長を一年やったことがあり、日本橋界隈は「庭」のように歩いていたけど、
今日はまるで浦島太郎か次郎冠者? 日本橋本町3-2-8までいくのに右往左往。
17日までやっている。いっしょに「ろうそく作家」の素敵な女性の「火」も素敵だった。
便利な生活になって、台所や生活空間から「火」が消えた。初めてあった彼女ととうそくの火をみながら
「今」を感じあう不思議を体験。その後「たいめいけん」で食事をし、青山に・・・

少し時間があったので「炎色野」に・・・大前悟さんの最終日。彼とは信楽の工房で
「バーベキュー」をしたことがある。陶芸家はみな「炎の芸術家」。今は淡路島に工房を
おいて、茶陶のような作品を多くつくっている。ここは久保さんの器をおいてくれたお店。
ぼくより少し上の美人な女将は、陶芸家のみならず、ミシュランのお店のシェフたちにも人気がある。

その後、スパイラルビルの裏手で白井晟一さんの「原爆堂展」。
展示を長崎くんが手掛けた。池袋の天真庵の庭をつくってくれたアーティスト。
パースからCGにした原爆堂が素敵な音楽といっしょに映画になっていて、白井晟一翁の「哲」を
現代に蘇らせる、そんな世界観がいい。会場で白井さんのエッセー「無窓」が売られていた。
できたら、この本を読んでからいかれるといい、かもなんばん。そんな気がした。

明日は「満つまめの会」 まーくんがバージョンアップをして、新天地に赴くことになった。
ので、天真庵での「満つまめの会」は6月で緞帳を下げることになった。このところかなりレベル
があがり、「世界で活躍する」ようなレベルにいきそうな感じ。うれしい限りである。感謝。

サツキがまるはだかに・・・!

先月は、お店の前にあった大島桜の木が、区役所のはからいで切られた。
なんとなく寂しくなったので、庭にあった矢羽すすきをおいてみた。すすき
は水があがりにくく、昭和かれすすき状態になって寂寥感を助長させた。
先日は、店の前のサツキが、またまた区のはからいで切られた。剪定というより、
バッサリと電気ノコでボウズにさせれたような感じ。
サツキはあまり密集していても元気がなくなるけど、過ぎたるは・・の感じもする。
でも車の排気ガスにもまけず、春にきれいな花を咲かせてくれる生命力があるので
きっと来年も咲くに違いない。自然の力はすごい。

その作業をしているのは、外国人の労働者。切った枝を掃除機の反対みたいので
吹き飛ばす作業を見ていた。実はサツキの木の下に、八重のドクダミを3つ植えていた。
なかばあきらめていたところ、その外人さんはその華憐な花をよけてサツキをかたずけた。
「やるな」と思ったのと、「日本人にこんな繊細な人がいなくなった?」を憂う。

新聞配達も外食産業の裏かたさんも、工事現場、
コンビニのレジや、観光地の白タク・・・・身のまわりに外国人が多くなってきた。
これから介護施設などもそうなるに違いない。昔から大久保あたりで酒を飲んでいると、「アジア」
に旅してる感があったけど、スカイツリーもそうだし、浅草にいくと「ここは日本?」と勘違い
するくらい外人が多い。これも時代の流れなのだろう。

今日は「英語でそば会」
夕方にスカイツリーで待ち合わせをして、そのあたりにうろついている外人に声をかけ
「暇やったら、いっしょのそば喰わない・・・」とポン引きをする日。
最初は「うまくいくのかな?」と思っていたけど、8割以上の確率で、つれてくるのに成功。
それだけたくさんの外人さんがいる、ということだ。そのうちわれわれのほうが「在日日本人」として
くくられるようになるかもなんばんよ。

明日は青山に白井晟一さんの「原爆堂」を見にいったり、友達が日本橋で写真展をやっていたりするので、美の梯子デー。
明後日は「おとこかっぽれ」

情熱大陸の能登のジェラートどうでした?

ぼくはテレビを見ないので、見てないけど、ネットの「情熱大陸」を検索
すると、「見逃した人のため」のコーナーがあるので、休みの日に見てみたいと思う。

「梅茶翁」と「マルガージェラート」があるところは、「能登町」。
どこもそうだけど、黙っていたら人口が減って、「自治」が難しくなるので、
都会からの移住者の勧誘にあの手この手を使って躍起になっている。もちろん地方の自治体だけの
問題ではなく、日本全体の問題でもある。

石川県は115万人が住んでいる。金沢で約30万人。うらぶれて文化の不毛地帯のような「墨田区」
の人口が29万人。金沢とほぼ同じ。それがざっと23区あるので、いかに東京に人口が
集中しているかがわかる。石川の面積の約半分が能登。大阪府とほぼ同じ面積。そこに住む人口が19万人。
だまっていては、自然減になるのが火を見るより明らかだ。
でもよくよく考えてみると、縄文時代の「ひとつの集落」の単位は50人。約10世帯。
「今の基準」ではかると、いろいろ不都合なことになるけど、自然の目、神の目線で考えると、
あまり悲観的ではなく、明るい未来がまっているような気もする。

昨日は「南島原」の移住担当者が蕎麦を手繰りにこられた。一昨年に「なつきくん」が口之津に
移住し、そこで珈琲屋をつくり、それが地域の人たちのコミュニケーションの場として、
なくてはならない「癒し場」になっていて、そのルーツを見学にきた、ということだ。
「ひとりの人が本気で動く」と、まわりもかわってくる。どこの町のお役人の人も本気の人
が増えてきた。これからの日本はまだ捨てたもんではない。

ちょうどその時に「だいきくん」が蕎麦を手繰りにきていた。この町のコンセルジュ。
南島原からの旅役人さんを、案内してくれたらしい。

夕方はなつきくんも参加して「すしを喰う会」。
久保さんの器が、お茶会のように並ぶ。織部の四方皿、志野の豆皿、黄瀬戸の箸置き。
だいきくんは、じいちゃんのやっていたお茶畑(岐阜)をやっていて、毎年茶摘みツアーを
企画している。あまり熱心ではないけど、ぼくのお茶のお弟子様でもある。
「すし会」と「茶事」を墨田で広げようと思っているらしい。真ん中に「こころ」を
据えていけば、おもしろい会になるような気がする。書の会にもきて、盛り上がり、
昨日も盛り上がり、少し酩酊した。

今日は「長屋で女史会」明日は「英語でそば会」

久保さんの器といえば、6月1日売りの「ブルータス」(新・お金の答え)
に、天真庵のカウンターで珈琲を飲む細野晴臣さんの写真が紹介された。
雑誌の表紙になるくらい素敵に映っていて、縄文ドリポットと白い珈琲カップが
とても素敵だ。昨日雑誌社から送られてきて、スカイツリーの本屋に買いにいったら、
新しいCAMPとHIKE 頼れる道具になっていた。それもおもしろそうなので、買った。
買いそこねた前の号は、ネットでバックイナンバーを注文すればいい。
なんか便利な時代。新しい号にも、細野さんがのっている。話題の映画「万引き家族」
の音楽も担当。すごい人なんやね。ほぼぶらじるを3杯飲んでくれたよ。感謝。

能登にいくなら・・・今日の「情熱大陸」、見てね

いよいよ梅の季節の到来だ。
天真庵のHPに「遊山」という部屋がある。
南島原や能登や八郷など「田舎の仕事」を紹介している。
昨年の6月に「梅林ガールズ」たちと「梅茶翁」の梅農園で
梅仕事をしている写真がある。あれから一年。今年も「梅林ガールズ」
の季節がやってきた。

梅茶翁は、看板の字を南條さんが揮毫してくれた。寒山拾得の絵も飾られていて、
久保さんの花器に里山の四季に咲く花を飾り、珈琲はぼくの焙煎した「ほぼぶらじる」が供される。
そばも伝授していて、土曜日曜のみの営業だけど、「そば」がメニューに加わる日もそう遠くはなさそうだ。

いつも売茶翁にいく時は、「マルガージェラート」の看板を目印にしている。
営業している時は、「よもぎジェラート」をほおばりながら、お邪魔するのがならわしである。
「能登本店」。野々市にもあるし、千里浜の道の駅とかでも売られている。
東京には出店していなくて、「あのジェラート食べてきた  ボリボリ・・」という世界にないのがいい。
地元に密着し、地元の人や素材を大事にしていることが、メニューや接客にも表れていて、
「能登へいくならマルガージャラート」 そしてその後に「梅茶翁にいく」のが「能登のゴールデン梯子」だ。

今日の情熱大陸は、その「マルガージェラート」。「かわいい・・・おいしそう・・・ボリボリ」では
なく、「哲」をくみ取っていただきたい。とても楽しみだ。「これからどう生きていくか?」
のヒントがいっぱいつまっている。

今日は日曜日なので16時閉店。それから「蕎麦打ち大学」&「すし中」(中学ではなく中毒)
明日の朝は「卵かけごはん」夜が「長屋で女史会」
火曜日が「英語でそば会」
木曜日が「おとこかっぽれ」

自腹を切る

昨日は「墨交会」だった。
建築家・故・白井晟一さんの後輩の建築家たちが年2回
天真庵で「蕎麦会」をやってくれる。

今月の5日から30日まで青山の「Gallery5610」で白井晟一さんが設計し、未完の
ままの「原爆堂」の展覧会がある。設計図をもとにCGを作り、今回はそれが上映される。
白井晟一さんは「無窓」というエッセイーを残し、建築家・書家・装丁家として活躍された。
どれもが、哲学を具現化したような「美意識」に満ちていて素晴らしい。
ぜひ「!」ときたら、足を運んでみてみてほしい。

「!」というのは、「雨だれ」のことらしい。
昨日の蕎麦会(お酒は持ち寄り)で誰かが持参されたお酒のラベルにそうあった。

白井さんは生前「美術品とかお酒とか食事・・・自分の身になるものは、「自腹を切らないといけない」」
が口癖だったらしい。前の都知事のなんやらさんなんかに、聞かせてみたい言葉だ。

昨日のメンバーも自分で会社を作り、飲み食いに「領収書」がとれる立場の連中ばかりで、昨日
の精算の時に、「君たちの大先輩の白井さんは・・・・・」で説明した。
お店の主人のいう言葉としては適切ではないし、TPOを逸脱していると思うが、
「ほんものの建築家」を目指すのであれば、そうあってほしいと思う。
「お金の使い方」には、その人の「哲」がそのまんまでるもんだ。もちろん彼らは
「無窓」は読んでいると思うが、もう一度その中の「豆腐」などは読み直してほしいものだ。

一期一会

お茶などでよく使われる。昔ある大臣が「ぼく、イッキイッカイ、という言葉が大好きなんだ」
なんていってヒンシュクをかったことがあったけど、今の大臣とか総理とかいった連中は
。。。。?かわらないか・・・?なんかほんとうに、土壇場にきている感がある。
今日から6月。雨降って地かたまる。お国も土台をしっかりつくりなおさないとアカンね、ほんま。

昨日のお昼ころ、休みだけど仕込みをしていたら、お店の前を「おんなかっぽれ」にくるベッピンさん
に似たこがすました顔して通っていった。「よく似た人がいるもんだ」と思っていたら、20秒後に
「っちわ」と入ってきた。「なんだやっぱり君か」というと、「のれんがしまってあったけど、大石さん
のピアノの音が聴こえたので、いるんだ、と思って・・・」とのこと。

今月から押上からベネズエラに移住する「こーこちゃん」。南米ベネズエラは石油の産地だが、独裁者が
いて、政治も経済も渾沌としていて、治安の悪さも極限にきているらしい。そこに政府機関の応援隊として
志願していくことになった。先月は彼女の送別会をやった。「今時のわかいもん・・・」
と違い、ほんとうにエライ若いもんもいっぱいいる。親子以上に若いけど、自分が親だったら
こうやって笑っておくれるかしらん、と何度も自問自答した。
「いよいよ出発の時がきたので、ノリをもっていきます」といって、ノリを7袋買っていった。
「生きてかえってこいよ」とハグをして送り出した。

そこにまた珍客。のれんの入っているときに時々くるMくん。
「寒山拾得美術館に寒山拾得の絵を進呈したいのですが・・・」とのこと。
天真庵に「天真を愛す」という額が飾ってある。それも彼からいただいたものだ。
原田先生が宇部からお花を教えにきたきっかけも、梅林ガールズが結成されるきっかけも、
「ひょん」なことから彼の「はからい」だ。一期一会・・・妙なことから、いろいろいろなドラマ
が繰り広げられていく。
「神のはからい」レベルで、繋がっている、と感じるような出会いがある。なかなかわかり
にくいけど、どうせやったら、そんなレベルのこともこころから信じていきていきたい、と思う。

今日の夜は「墨交会」。京都工芸繊維大学の建築を卒業した人たちが集まり、先輩の
「白井晟一氏を忍ぶ」会でもある。今月は「原爆堂」の展覧会も始まる。
これも一期一会だ。白井研究所の白井昱磨さんと陶芸家の久保さんと同じ日に出会った。人生に「人生にこんな素敵な日があるんだ」という
信じられない20年ちょい前の話。能登の「寒山拾得美術館」にも、白井晟一さんの書や久保さんの作品が飾ってある。
「     

お店の捶撥(すいはつ)に、アジサイの「白鳥」(しらとり)が投げ入れてある。この季節にアジサイが似合う。
お茶の先輩が庭からもってきてくれたものだ。まこと白鳥が飛んでいるようだ。
妖艶でつまみどころのない花ではあるが、言葉ではつくせないものをもった花でもある。
今朝あじさいを季語にしたメールをいただいた。人にはいろいろな花の歴の引き出しもあるものだ。

白鳥は悲しからずや海の青 空の青にも 染まず 漂う  (白秋)

晴好雨奇

火曜日が「書をしよう会」で、昨日が「おんなかっぽれ」やった。
どうやら雨季、梅雨になりそうだ。
これまであまり歓迎していなかったけど、梅雨の雨にうたれるたびに「梅」
の実は大きくなる。うっとうしい、ばかりでなく、恵の雨でもある。
いよいよ「梅林ガールズ」たちの旬でもある。実りの梅雨。

書の会の時、カウンターのところに「禅語」の本を置いてあったのを、いずみさんが
「貸してください」というので貸すと、「晴好雨奇」と揮毫した横にかえるが蓮の葉を
傘にしている絵が気に入られ、それに挑戦。なかなかおもしろい作品ができた。
カメラマン、絵描きも参加され、多士済々の文人墨客の会だった。
こういう人たちが集まる場を「サロン」というのだろう。能登もそうしたい。

「晴好雨奇」(せいこううき)
晴れた日もいいけど、雨の日はまた山紫水明の景色に趣がます。昨年の雨の日
は大石学さんの「雨の・・」アルバムを毎日聴いていた。雨の日の寂寥感は
いいようもなく寂しい。でもその一滴の中に閉じ込こめられた感は、なかなか風流でもある。
晴れてよし 曇りてよし 富士の山 というのもある。泰然自若そのもの。

梅は雨のたびに大きくなるんよ おんなの人は涙を流すごとに 美しくなるんよ
南條先生が伊予弁で、そげな話をようしとったんを、思い出した。
今日で大好きな五月が終わる。終わりはまた始まりで、まあるい一滴の季節。

今朝は庭の矢羽すすきと棕櫚竹を渡辺愛子作の信楽の花器に植え替え、お店にもってきた。
昨日の雨をたっぷり含んだ土をスコップで掘り起こし、花器に入れる瞬間に「土の香り」
がする。「生きてる」の匂いだ。矢羽すすき棕櫚竹もも元気に東京の土に根をはり、根粒から
恵をいっぱい教授する。粒々皆辛苦の旅。ひとつぶひとつぶ 一滴一滴がたまって人生の妙味が
わかってくる。お茶とかお花とかの「道」には、このあたりの風流の「かけら」がいっぱいころがっている。感謝。