煎茶しかせんちゃ

煎茶しかしない。を北九州弁でいうと、煎茶しかせんちゃ、になる。
昨日と本日は、「無茶しぃの会」で、煎茶のお稽古をしている。
お抹茶の先生のような人が、昨日もやってきた。今日もそんな人たちがやってくる。

昨日は、文庫ちゃんがシューベルトの歌曲集のCDをもってきてくれて、
それをかけていたら、新人くんが入ってきて、「これ大学のときやりました」とのこと。
前日やった杜甫の漢詩も朗々と中国語で読み上げる。まことに不思議な奇人くんだ。
裏千家修行もかなりやっていて、くだんの「今日」とかかれた漆の茶櫃を見た瞬間
目が少年のように輝いていた。「これは、きれいな女性が使ったほうがいいとおもわへん?」
と促したが、あきらめきれぬ様子。ま、道具も縁あるところ、収まるところに収まるのがええ。

今日はこれから「そったく焙煎塾」。ベテラン女子がやってくる。最近珈琲党の人も
煎茶も楽しむ、という人も増え、今朝は焙煎前に、煎茶と玉露を袋つめした。
シーラー?とかいう機械で袋をパッチンととめる。

そもそも、なんでお茶に興味をもったか?というと(昨日、その新人くんと話をしてきずいた)
池袋時代に知り合ったボクシング好きな社長が、プーアル茶を売っていて、ある日資金繰りに困って
倉庫兼事務所をたたむことになり、200kか300kのお茶の居場所を探していて、たまたま
池袋の田舎のお屋敷みたいな家に住んでいて、押し入れがいっぱい空いていたので、そこに
おいていた。その後、その社長と連絡がつかなくなり、自社ブランドにして、在庫整理していたら、
いつのまにや全部なくなり、当時半導体の買い付けのため香港にいったりするとき、半導体と
いっしょにプーアル茶も仕入れるようになった。そんないきさつを思い出した。

そういえば、今日の午後はIT業界の新聞社の社長がきて、取材を受ける。
IT業界からどうして茶にいかれたのですか?と質問されたら、答える答えが見つかった。

なんとなくだけど、茶をにごすわけだはないけど、アジアや世界のゴタゴタは、「煎茶」
を飲みながら、談笑することで、かなりの解決策になるのではないか、と思う。
そして確実に日本のお茶に、世界の人が関心を持ち始めているように思う。

明日から「染めもん展」  京都にしかないもん、がいっぱいある。
その「いっぱい」も、これから日本人が日本人に戻るカギがいっぱいあるように思う。感謝。
今日は「満つまめの会」もある。最近はいつも満席で、自分がやる時間がとれにくくなってきた。

漢詩を読もうかいのはじまりはじまり

昨日は二階で「満つまめの会」だった。昨年の秋から
ボチボチ始めた。季節がめぐり、マーくんが半袖になって
みんなに気功整体をやってくれ、長くやっている人たちは、
体もこころもバランスがよくなって。明るく、積極的に
なってきてると思う。おかげで、「かっぽれ」とか「お仕覆」とか
「お茶やお花」といった世間的には「絶滅危惧種」のようなものまで
人が集まってくるようになった。

夕方、薩摩琵琶のももちゃんがそばを手繰りにきた。天真庵hpのリンク
からお客さまとのふれあいがあった、らしい。いろいろな分野で、振り子
がふれる現象がおきていて、薩摩琵琶を習いたい人が増えてきているそうだ。
薩摩武士の「たしなみ」として一世風靡した時代がある。

昨日から「漢詩をよもうかい」が始まった。先生は織田流煎茶道の南甫先生。
織田流煎茶道では、正教授になると、「茶名」なるものをつける。
頭に「南」をつけるのがならわし。何代か前の家元は「南洲」。鹿児島
の人で、西郷南洲さんを尊敬していたことがうかがえる。
南甫先生は、唐の大詩人で「詩聖」と呼ばれた杜甫からとったものだ。
ということで、先日は杜甫の代表作を勉強した。

茶人たちの聖書、みたいなもので「南方録」というのがある。福岡の星野村で
その存在をしった。福岡の黒田藩の立花実山が南方宗啓の記した「茶の神髄」を
表した聖典。

お茶も、お点前の形や順番を覚えるだけなら、短時間でできる。大切なことは、
そんな「かたち」より、なんどもなんども繰り返し、おもてなしを重ねることで、
ある日ふと、腑に落ちたり、その後、川の流れのように、自然にふるまえるように
なったりし、人としてその人らしく生きていく、そんなことではないかしらん。

今日明日は「そったく珈琲塾」&「無茶しぃの会」
珈琲とか煎茶のおもてなしのおもしろさを、自分なりに伝えている。

金曜日からは「染めもん展」 京都から河野夫妻がやってくる。京都には
「茶のこころ」が町中にあふれている。

ちんぷん漢文

今日から新しいpcになった。まだ慣れていないので、
チンプンカンプン。
今日から新しい講座が始まる。「漢文を読もう会」

昨日は「長屋で女史会」だった。勉強が終わってそば会
になった時、「目白の名門ボクシングジムが閉まるらしいですよ」
とイワジーがいった。10年くらいお世話になった「米倉ボクシングジム」だ。
会長の体調が思わしくないらしい。さみしいけど、時間どんどん過ぎ去っていく。

連休中やらなかったので、今日ひさしぶりに「満つまめの会」
連休でいろいろ疲れた体をマー君がほぐしてくれる。
最近は空きがないので、自分が入るところがないけど( ^ω^)・・・

明日明後日は「卒琢珈琲塾」&「無茶しぃの会」 木曜日は「満つまめの会」もある。

ブクブクブク・・・・酒の音楽

昨日はゴールデンウィーク最後の日曜日。
ひさしぶりに、恵那から仙人さんが里に下りてきて、蕎麦を手繰りにこられた。
「お土産」といって、ふきみそをくれた。「40年ぶりに、この人と再会した」
といって、とある音楽家といっしょだ。名刺がわりに、「こんな作曲をしています」
といってCDを手渡された。「宮崎」と書いてある。

再生してみると、♪ブクブクブク・・・・・と不思議な地球交響曲みたいな不思議な
音楽。でもなんだか懐かしいような、旧友との再会を祝っているようなそんな音だ。
とある宮崎の甕つくりで焼酎をつくっている蔵の、甕の中で焼酎が熟成していく「音」を
特殊なマイクを自作してひろった、とのこと。確かに酒を飲む、ということは、体の細胞
の中にまで、その甕の中の一滴一滴を旅させることで、自分の体の中でもそのブクブク・・・
という音と共鳴しながら、音楽を奏でているのかもしれない、と悟った。
半世紀近く毎日のように酒を飲んでいるけど、そんなことをはじめて考えた。
「音楽」とか「芸術」というのは、一瞬にして、人生をかえたり、また、その一瞬で
終わっていく刹那がよろし。不思議な「縁」ではあるが、その蔵の焼酎は、毎年
友達がおくってくれるので、ぼくの体の中には、同じ音楽が流れている、きっと。

「日曜蕎麦大学」が終わってから、「普茶の会」。
昨日はベルギーから音楽家たちが、やってきた。
東京や名古屋、台北とかでツアーをやっている人たち。
そのひとりが、音楽家の奥さまで精神科医をやっていて、日本の味噌
に興味があるらしく、手前味噌を、焼き味噌にしたり、鴨味噌や、仙人さまが
つくった吹き味噌を出したら、えらく感動され、「ベルギーで味噌つくりを
やってくれませんか」と真剣におくに話しかけていた。いいかもなんばん。

仙人さまがやってこられる日は、「みな根っこが繋がっている」を感じるようなことが多い。
その音楽家たちと、焼酎の音楽家も、深い縁があることを知る。時空を越えて、
繋がっている「こと」が、よくわかった。

今日はこれから「卵かけごはん」夜は「長屋で女史会」
明日は「漢文を読もうかい」  日々是好日に感謝。

日曜蕎麦打ち道場

昨日は天気予報の「雨」がはずれ、快晴だったので、5時からばんばん打ったそばが
途中で空になり、追い打ちをする。老い打ちだったりして・・
夜のインヨガのぶんがなくなってしまったのだ。

ヨガの間、新しい三輪福さんのCDをかけた。一年間の地球の運行を一枚のCD
に内包した素晴らしいものだ。一階でCDをかけ、二階がヨガ。いつもより少しボリュームを
アップし、窓を開けているので、外の人の声とCDが重なってまたおもしろい。
「なんの店」「はいりにくい店ね」「今やっているのかな」・・・とか、玄関はかぎがかかって
いるけど、なんども入ろうとするガチャという音が。きっとこのCDが、「なんの店だか、はいりにくいし、
やってなさそうだけど、入ってみようか」という行動をおこすのかもなんばん。

今日は日曜日なので16時にしめて「日曜蕎麦打ち道場」。ここんところスイッチが入ったような
てっちゃんがくる。今月は新人があとふたりやってくる。さながら「奇人の蕎麦打ち倶楽部」だ。

明日の朝は卵かけごはん。夜は「長屋で女史会」
明後日は新講座「漢文をよもう会」 この会は、総合的に文人っぽいことを学べる工夫がおりこまれている。

世界遺産のようなライブ。

昨日は、ギターの富川さんとピアノの岸本麻子さんのライブだった。
「ライブ」というのは、CDを聴くのと、圧倒的に違うのは、お客さん
を含めて、「その日の風」みたいなものを体現できることだ。それぞれに、感じ方
が微妙に違っているかもしれないけど、その日の体調とか天気とか、酒の入り方とか、
いろいろおりまぜられた「空気」をいっぱい吸える、のがいい。昨日はブラジルの風を
感じた。素晴らしいライブやった。しめの「ほぼブラジル」の味がさえた?(自分は酒しか飲んでいない)

岸本さんは「福岡出身」とあった。名刺を交換して、「福岡のどこね?」と九州弁で
尋ねたら、「福津市」とのこと。ぼくが住んでいた時は、福間、津屋崎と別れていたのが
「福津」になった。津とは港のこと。どちらも海がきれいなとこ。

今朝の新聞に「沖ノ島が世界遺産になる」という記事があった。ぼくの実家は、福津の
となりの「宗像」。宗像大社の神域である。宗像大社は、アマテラスさんの三女を祀ってある。
長女が沖ノ島、次女が筑前大島、三女が宗像の玄海町に祀られてある。それら全部を世界遺産に、
と申請したらしいが、沖ノ島以外が却下されたらしい。ある意味よかった、と個人的にはホッと
している。ときどきかえる「田舎」に、観光客が浅草みたいにピーチクパーチクしているような
光景はぞっとする。少し小高い場所にいくと、古墳時代そのままの景色が、宗像のいいとこ。
目先の経済効果のそろばんをはじくより、その場所の「あるべき姿」を、地縛霊さんたちと相談して
きめるのがよろし。

素朴な疑問。そんなわけで、三女神がおられる宗像大社、その長女がおられる沖ノ島は、
今でも「女人禁制」の島。男も島に入るときは、素っ裸になって「禊」をするならわしがある。
そんな場所が「世界遺産」になって、どうやってそこにいくのだろうか?
住んでいるのも、宗像大社の神職さんが交代で、お社をお守りしているはずだが・・・??

今日は通常営業。夜は「インヨガ」。

今日は素敵なコンサート

ギターの富川勝智さん。天真庵のとあるライブにお客さんとしてきたのがきっかけで、
毎年素敵なライブをやってもらっている。東京と伊那谷の「二股ぐらし」のギターの
赤須翔くんがでた洗足学園音楽大学のクラシックギター科講師としても活躍している。
いろいろな分野で「専門」バカのようなストライクゾーンの狭い人が幅をきかせる時代に、
柔軟な頭と幅広い分野に挑戦されている姿がとても素晴らしい。
今日は同郷の福岡から、岸本麻子さんという素敵なピアニストをお招きし、ショーロからガムラン音楽まで
をやってくれるらしい。朝からウキウキしている。

昨日は吾妻橋のウンコビルの足元にある「アビアント」というギャラリーにでかけた。
ぼくの煎茶のお弟子さまが、この連休中にそこで、個展(ふたりやね)をやっている。
煎茶道具などを、畳やテーブルに敷くものを「茶具敷」(ちゃぐしき)という。
彼女には、それを作ってもらっている。昔ながらのガッチャンガッチャンというこころまで
響く織り機をつかって、ていねいに布を紡いでいくチャーミングな女性である。
本業はお花屋さんで、イルフィオレットというお店の主人でもある。
アビアント、イルフィオレット・・・・覚えるのに10年近くかかった。それまでは
「なんやらいうウンコビルのうんこが落ちたあたりにあるギャラリー」・・

ギャラリーにいく前に浅草をブラブラする予定でいった。朝から「なんかのデモの集会?」のように
混んでいたので、合羽橋に抜け、よくいくてんぷらやで、山菜のてんぷらなどをつまみに酒を飲んだ。
合羽橋は祭日なので、シャッターが締まった店が多かった。京都も金沢も全国津々浦々の観光地も、
集中豪雨のように、世界中からいろんな人たちが雪崩こんでくる、という感じだ。「なんか違う」と思う。
今日はのぼりの高速道路が、40kとかいう単位で渋滞が予想されているらしい。

「いそがない旅」「観光地をはずした旅」というのも、いいものだと思う。
てんぷらやから浅草を経由してアビアントにいくのがイヤになって、
老夫婦がやっている「やきそばや」にいって、やきそばでスーパードライをキュー
とやってから、遠回りをしてギャラリーにいった。

というわけで本日は12時に開店し、16時で締め、それからライブのリハーサルとかして、
19時に「開場」になり、19時半から素敵なライブがあります。

うたとおどりとギターのライブ

先日の「英語で蕎麦会」には、インド人の新婚さんがいらっしゃい、した。
英語にインドの人が参加したのははじめてだけど、インドでヨガとインド音楽を
勉強した人とは、いろいろ繋がっている。おふたりの結婚式の写真などをスマホで
見せてもらった。400人くらい集まってふたりを祝ってくれたらしい。
下世話な話だけど、向うのお金で200万くらいかかったというから、日本円に換算
すると、ベンツ一台くらいになるのではなかろうか?

昨日は亀戸天神の「藤祭り」にはじめていった。すごい人だ。またまた藤より
骨董とばかりに、骨董屋にいったら、ばたばたしておられて、会話もできない状態。
しかたなしに、亀戸天神にいく。出店の屋台もいっぱいでている。きりっとした江戸前の
顔したじいちゃんが「今川焼き」を売っていたので、それをひとつほおばりながら藤見物。

その後は、花見酒とばかりに、「弥助」で鮨をつまみながら、立山のぬる燗を3本飲む。
♪富士の高嶺に 降る雪も  亀戸天神に咲く藤も ふじにかわりがあるじゃなし・・・(新お座敷小唄)

亀戸駅前が歩行者天国になっていて、イギリスからきた美人さんが、ファイヤーダンスの大道芸をしていた。
アスファルトに座って、見た。投げ銭ライブ形式だ。最初から最後まで見て、お金を投げ込む人は10人に2人
くらいだろうか。なんとなく、日本人の精神的文化力の「今」を感じられた。

明日は天真庵でも「うたとおどり」のライブがある。ギターの富川さんと、福岡から岸本麻子さんがやってきて、
ピアノとおどりとうたをやってもらう。世界中に音楽があり、踊りがある。和になって踊ったりすることで、
人と人のこころが通じ、人と神が一如になってきた、のが、人の歴史。19時開場19時半から4000円(蕎麦会つき)
とっくに満席だったけど、昨日二名空席ができた。縁を感じた人はどうぞご一報くだされ。

憲法記念日に思う

二年前に3枚の葉がついた枝をもらってきて庭に植えた椿が元気に育っている。
夏も近づく八十八夜の茶の若葉みたいに、ういういしい。小さな池の中でめだか
も動き出した。その池の端に、南天がジャングルのようになっている。

明日から東武で陶展をする渡辺愛子さんの大壺が天真庵の二階にデンと置いてある。
いつもは、その南天を一週おきくらいに、そこに投げ込む、というのが、ならわしになっている。
今年から、目の悪いマーくんが、週二回のペースで二階のスペースで「満つまめの会」という
気功整体をやっている。彼が手探りでてすりを使って階段を上りきったところの左に、その信楽
の大壺があるので、あまり大きな南天だと、「難を転ずる」の言霊とは裏腹に、困難なこと
になるので、今年はそこにあまり大きなものを入れないようにしている。

だから庭の南天は行き場がなくなり、植物密度?がすごいことになって、茂っている。
昔から「恋泥棒と花泥棒は罪にならぬ」ということわざがある。ならば、その反対も無罪であろう、
と勝手な法解釈で、昨日は近所で始まった「カフェ」の玄関の前に、南天を勝手においた。
できたばかりのういういし新店の前で、若葉が風にそよぐ姿はまことに、風流だった。後で
「素敵」とそこの主人からおせじのメールがきて安心したしだいである。

今朝は、もう一本、枝ぶり(葉ぶり?)のいいのを切って、お店にあったビンに投げ入れ、散歩しながら
押上文庫の玄関先においた。主人たちはまだ寝ている時間だが、それを見ていた近所のおばあちゃんに
「立派なナンテンですね」と褒められた。花泥棒は罪にはならぬが、こんな風に褒められることはない。
明日は、どこのお店においてみようか?などといたずらな少年のような気分で、憲法記念日を迎えた。
そのくらいのささやかな幸せな権利を、基本的人権とかいうのだろうか?当たり前の人間の自由に生きる権利
が、危うくなりつつある今日このごろ。

池袋駅の西口の東武百貨店にいくなら・・・連休中がいい。

昨日の朝は「卵かけごはん」やった。近所の若者カップルなんかが初参加
されたりして、コケコッコーよろしくにぎやかな朝やった。
「押上式たまごかけごはん」が若い人たちにも、じわじわ浸透しつつある今日このごろ。

夕方に渡辺愛子さんが珈琲を飲みにこられた。明後日4日(木)から、池袋の東武百貨店にて
「陶展」がある。とうてんの二階にも彼女の信楽の大壺が飾ってあり、今は南天が投げ入れ
られている。時々お茶会などをやるときには、彼女の「うずくまる」を床の間に飾ったりする。
蹲、と書く。信楽の壺のことを、昔から茶人はそう呼ぶ。人が蹲った形に似ているので、そう
命名されたというけど、どこから見てもそうは思えない。中国の「壷中天」の故事みたいな
ものではないかしらん、などと勝手に思っている。自分の内なるところに、哲があり、天がある。

押上にくる前は、天真庵は上池袋にあった。お店はやっていなかったけど、論語の会、英語で蕎麦会、
など、ギャラリースペースで、いろんなイベントをやり、年間600人くらい遊びにこられ、1000人分
くらい蕎麦を打っていた。そのころ、食材の調達には、東武デパートにはよくいった。
日本酒売り場が充実していて、その奥に隠れ家のような「日本酒バー」があった。
買い物の途中に、よくそのバーのカウンターに留まり、酒を飲んだ。カウンターのはじっこに
やはり「蹲」がでんと、うずくまっていた。酒は哲。

今日は池袋時代から続いている「英語で蕎麦会」。先生と生徒が、18時にスカイツリーの足元で
待ち合わせをして、うろうろボリボリしている外人さんに、「このへんに、いい蕎麦屋があるんやけど、
いっしょに蕎麦を手繰らない?」と英語で声をかけ、ぞろぞろとそぞろ歩きしながら、うらぶれた十間橋通りの
とうてんまで、連れてくる日。今日くれば20勝か21勝目だと思う。圧倒的に成功することのほうが多い。
奇跡の連続のような会だ。今日はポンビキされる予定を入れなくとも10人くらい集まるらしい。美人
ばかりなので岩本先生の顔もゆるみっぱなしだ。