竜宮城で忘年会・・・能登はどこも竜宮城?

今日は、朝から風雨の激しい能登の冬独特の厳しい一日だった。

明日からは、もっと気温も下がり、雪との予報なので、「ご志納」を
封筒に入れて、隣の集落に・・・・
塩害の激しい能登は、車庫もシャッターのついた車庫に入れないと、もたない。
うちの車庫は、里山から続く土地に二階建ての木造の車庫があり、建物はぼくの名義になったけど、
土地は借地で、その持ち主に年に一度「ご志納」にいく。居酒屋一回分くらい値段。
でも、畑と栗の木が二本、柿木が二本・・・まるで楽園みたいな土地。
いずれは、二階建ての車庫を「オフグリットの方丈庵」にしたいと思っている。

五右衛門風呂、囲炉裏、車庫、畑、人生フルーツ・・・・他になにもいらない。「足るを知る」という言葉
もいらない世界。

夕方、少し風が強くなったけど、赤崎という漁港にある「TOGISO」(ゲストハウス)で忘年会。
そこの主人の佐藤さんは、僕らと同じように、東京と能登の二拠点生活(デュアルライフ)を5年やっている。
今年から管理人のまどかちゃんも、東京と能登の二股暮らし。TOGISOの看板娘。一番若いので、売茶翁までひとりで運転していったり、
能登島の「水」にいったり、ファンキーがつくほど能登暮らしを楽しんでいる。

夕方6時にいったら、カウンターに高知の皿鉢料理(さわちりょうり)のように、大皿に、寒ブリ、さざえ、甘エビ、イシダイ、アオリイカ・・・
などの北陸の冬の刺身が用意されていた。眺めているだけで、五合は飲めそうなぐらいの御馳走だ。
お土産にもっていった「亀泉」と記念撮影。飲む前から酩酊しそうなくらいワクワクする。
能登では、「ブリお越し」といって、雷が鳴るたびに、ブリが成長し、脂がのって、年末の出番を待つ。
今年のブリは、例年になく大漁で、しかも脂ものっていて、申し分がない。
稲妻は、稲の妻。マイナスイオンが稲の成長をうながす。ぶりお越しも、ブリの妻みたいなもんだ。

その能登版皿鉢料理だけで、ひとり五合は飲めそうな雰囲気なのに、他にも「寿司10貫」、ぶりのカマ焼き、
甲箱蟹、さざえの壷焼き、が用意されていた。まるで竜宮城だ。
思わず佐藤さんに、「あんた、そんなに稼いでいるのですか?」と問うと、「今年お世話になったほんのお礼です」
とのこと。若いのに律儀だ。皿鉢料理で、ワインを二三杯飲んだ後、囲炉裏端に座って、亀泉を南部鉄瓶の錫のチロリでぬる燗にしながら、
燗上がりする能登の名酒を酌み交わしながら、談論風発。囲炉裏端の4人が、半分東京に住んでいることを忘れるくらいに、
能登暮らしの四方山話の花が咲く。TOGISOは、東京では味わえない非日常が味わえる癒し場である。四季折々、毎日が「非日常」
な世界かもなんばん。

途中、酔狂で、中西くんに電話。天真庵を改装(リノベーションという言葉がない時代にやってくれたので、今も
リノベーションっていう語彙は、マスターベーションくらい、いいにくい言葉っちゃ)してくれた芸大出のナイスガイ。佐藤さんを
つないで来年は志賀町をもっと楽しい町にしたいと思う。
来年は「龍」。能登半島は「F」にも見えるし、龍にも見える。辰年は、ほんとうの自分らしく生きた人が活躍する時代だ。
押上は、天真庵を中西くんがやってからこっち、いろんなお店やシェアハウスなどができて、精神的文化力のある若者が集まってきた。
でも、奇才中西が、本領を発揮するのは、ひょっとしたら「能登」ではないかと思う。
そんなことを言うと、鬼や龍が笑うかもしればってん、来年はこちらがもっと大笑いするような年にしたいと思っている。感謝。

この一冊で、能登がまるごと食べれる?能登の地酒も満載。

能登の空港や、♨施設や、公共施設にいくと、「ぶらり能登」
というフリーペーパーが置いてある。天真庵にもあるよ(笑)
「これ一冊で能登旅情報がまるわかり」がコンセプトで、毎年暮れに
刷新される。今年の特集は「いま、能登でアートに浸りたい。酒湧く半島、能登」。
お酒のコンシェルジュは、「酒ブティックおくだ」の店主奥田さん。今年お父さんになった。

だいたい毎月お邪魔するのだが、昨日はその「酒ブティックおくだ」にいって、お店のお酒
を調達。あれこれ、能登の地酒を6本(遊穂(UFO)、谷泉、竹葉・・・など)買って東京に
発送してもらった。もう一本、谷泉を買って、自宅用にした。
本日、赤崎の「TOGISO」で、まどかちゃんと忘年会なのでもっていこう。谷泉は、若い兄ちゃん姉ちゃんがタッグを
組んで、いい酒をつくっている。姉ちゃんが初めて酒づくりにトライした「登雷(とらい)」は、
名前といい、ラベルの揮毫も初心が吐露されていれて、すがすがしい酒だ。
お父さまが突然召されて、ふたりが都市から能登にもどって、酒蔵を継続していく物語が秘められている。
梅茶翁の近くにある「鶴野酒造店」。先日梅茶翁の忘年会でも「谷泉」を飲んだ。

お酒は嗜好品だし、若者の酒を飲まないトレンドは、世界規模のようだ。
コロナの影響で、「家呑み」が当たり前になり、夜の酒場や居酒屋が苦戦している。
酒蔵もそんな流れで、大苦戦を強いられている。「家呑みよりも、外で飲むほうがだんぜん美味い」
と思うし、燗酒を飲みながらおでんを食べたり、「おでん・熱燗・昔の女(男)」のセットで、
人生を振り返るのも楽しい。昔の・・より「今の女(男)」と盃を酌み交わしながら飲むのは、もっとうまい!
そして、魚が美味い日本では、ワインよりも日本酒のほうがだんぜん美味いと思う。

最近、助成金かある種のキックバック?か不動産バブルのせいか、豪勢なお店や宿泊施設が、能登にも生まれている。
ぼくは貧乏性、というか、先天的な金欠病なもんで、「はしもと食堂」でおでんをつついだり、ときどき
友達がきたら、「湖月館」で夕飯をいっしょにしたり、年に一度くらいは、そのまま泊まったりするのが
関の山だけど、充分に「能登らしさ」を満喫している。
カフェもそうだけど、「ほんとうに、その土地に必要とされているもの」だけが、生き残るような厳しい時代
を迎えているのではなかろうか?「作るのは簡単」だけど「継続していく」大変さは、やってみないとわからない。

いつも、輪島の「酒ブティックおくだ」さんに寄る時は、「翁」という朝6時からやっている
喫茶店にいってモーニングを食べる。おじいちゃん・おばあちゃんが、「輪島駅」があったころから、駅前で
営んでいる小さな純喫茶。厚きりのトーストとサイフォン珈琲でワンコイン。
先客の齢80くらいのおばあちゃんがふたり「今日年金がはいるけん、豪勢にスクランブルエッグをつけた」
といって、スクランブルエッグのモーニング(680円)を食べていた。つつましいけど、「ゆたか」だ。
こんな、毎朝立ち寄る喫茶店が近くにある人は幸せな人だ。老後の貯金が2000万あるより、大事やと思う。
東京では、チェーン店が増え、会話もマニュアル通りのお店ばかりだ。それを嘆く前に、
「もっと、喫茶店でモーニング」の人が増えると、町はもっといい町になるのに・・・