東京やすみ 一日目?

毎月、10日あたりから10日くらい「能登休み」をとる。
一時流行った「ロハス」とか「人生の楽園」みたいなのんびりした田舎暮らしを
、「いいね」といってくださる人は多いばってん、「どこが?」というくらい
能登での毎日が忙しくなってきた。
今回は梅の剪定とか、取材があったので、とくに「ぼーっと一日」が一日もなかったのと、
「能登七輪 炭火焙煎 ほぼブラジル」が、思った以上に反響があり、毎日のよう能登で焙煎
したばってん、全部売り切れになってしもうた。

隣のばあちゃんが「明日東京にもっていって」といって、自作の大根を12本もくれた。
いつもだったら「あまりもんみたいやけど・・」といって、ほぼぶらじるをおいてくるのだが、
「一粒」もなく、売り切れ。まるで粒々皆成仏・・・・そんな感じ・・・
帰りは、自分たちが飲む珈琲もなく、パーキングにあるスタバでココア、とか自販機で
ポカリを買って、喉をうるおした(笑)

今朝は6時から、お昼近くまで、ガラガラと能登七輪で焙煎・・・これから、またお弟子様が
豆を買いにくる。
昼過ぎに押上の名店?「押上文庫」に納品にいったら「逆転して・東京休み・になりそうですね」
といわれた。うまいことをいうもんだ・・・でも冗談じゃない・・

明日から通常営業。
土日は「12時から16時」 その後は「蕎麦打ち教室」