能登の総湯の朝市にたつ

東京から車で能登に入る時、禊のように総湯に入ってから、が、ならわしになった。
「加賀屋」に源泉を提供する共同風呂でワンコインでおつりがくる。東京の銭湯
よりも安い、のがすごい。

海が近く、ここの湯は塩分が多く含まれていて、少し熱いけど、飲むと万病にいいらしく、
「◎◎ガンが治った」みたいな話があまたある。新宿から夜行バスで7000円くらいでこれるので、
「気が付いたら能登」を経験されると、人生観がかわる。
ミネラルいっぱいの「塩」が、足りない人が多いのでは・・

ここ総湯に日曜日は「朝市」がたつ。昨日は「梅茶翁」の三輪福さんが珈琲のブースを設け、
天真庵の「ほぼぶらじる」を入れる日だったので、スケットにいく。
玄関先に、輪島の朝市みたいに、魚屋さんやおばあちゃんのお総菜、中島菜などの能登の伝統料理
が勢ぞろいする。土曜日の夜新宿をたつと、桃源郷みたいな感覚が味わえる。

総湯に入るのもよし、総湯の玄関にある足湯に入るのもよし・・・まわりには寺などがあまたあるので
それをめぐるのもよし、だ。
近くの名刹を訪ねてみた。表にそこの坊様が、なんやら揮毫している。

「自分の子供を だめにする愛情を もったものは この世では 人間の親だけである」

なるほどもっともだ、と思いながら10円だまをお賽銭箱にいれる。

その時、着物姿のどこかの宿で働く人が「おはようございます」と挨拶してくれた。

そうだそうだ「あいさつ」ひとつで、空気がかわり、家庭や学校や職場がかわり、
日本がかわり、世界がかわる。  子供の躾の根本やな、と悟る。
躾とは、「しつづける」ことが肝要らしい。水に字をかくがごとし、と先人はいった。
毎朝おきたら親に「おはようございます」と挨拶のできる子供になる。
それだけで、「ヒトが人になる」一歩になるのではなかろうかしらん。
その「最初の一歩」がなかなかできない、のが人間である、こともまこと。

そんなことを思いながら、加賀屋の別館にある「角伊三郎美術館」にいく。
生前一度だけ、会う機会があった天才塗師の作品が展示してある。
この世に美しい仕事をしていった人は、いった後も光っている。
「陰徳」みたいなもんや。この世で人知れず、ひとのことに役だつことをした人は、
あの世にいった時に「幸せな貯金」ができている。お金ではないよ。

(3月の素敵なライブ)

23日(土)弾き語りシャンソン ライブ

演奏:・上原英里(ヴォーカル&ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲・付き)

29日(金) MUSICA LIBERA TOKYO

演奏:山根孝司(クラリネット)・藤田朗子(ピアノ)

19時開場 19時半開演 ¥5,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

30日(土)ボサノヴァ de 花見

演奏:山本ひかり(歌・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

どこもかしこも「祈る場」

東京にいる時は、朝散歩しながら香取神社にお参りするのが押上に移ってから
「ならわし」になっている。能登にいる時は、藤懸神社というのが近くにあり、
そこにお参りするのが「ならわし」になった。何を祈るわけでもないけど、「今日
も生かされていて、感謝」みたいな気持ちを持って、頭をペコンと下げる。

「能登富士」といわれて、昔から北前船の目印にもなり、信仰の対象になっている神社も
近くにある。たまたま宮司さんを知っていたので、時々お参りにいく。車で能登に到着
するときも、凛とした富士山みたいな風貌なので、頭をペコンと下げる。

今朝も天気予報は雨だったけど、☀ていたので、畑に鍬を入れる。車庫の後ろにある畑は、
20年くらい耕していなにので、開拓民よろしく、根がはった蔓や石などを捨てながら、土を
耕している。そこにきれいなサツキが植えてあって、昨年は蔓におおわれていたのを、一日かかりで取り除い
てやったら、今年は元気になって、蘇りの緑をたたえ、五月を待っているようだ。

今朝はそのサツキの周りの土を耕した。まるで蘇りの「始球式」。啓蟄も過ぎたので、みみずが動いている。
みみずのいる土はいい土。そんなことを思いながら、もうひと鍬入れてみたら、冬眠していた
かえるがでてきて、アクビをした。鍬にあたらなくてよかった。そうろうと、もとのように土の
ふとんをのせてあげた。虫もかえるも魚たちも、みな生きとし生けるもの、仲間たちだ。

縄文人たちは、男が狩猟にでかけ、女たちが土をこねて祭器のような縄文土器をつくり、男
たちの無事と生活の糧を祈った。魚を捕ったり、イルカを捕獲したり、それを料理したり、
料理する器をつくったりする「日常そのもの」が祈りだったのだろう。
日本人の宗教観というのは、その時のまんまだ。ということは「芸術」もしかり。

いつしか分業があたり前になり、「仕事を探す」ようになったり、「仕事を紹介する仕事」ができたり、
今ではその一翼をAIがやったりする時代が到来している。
でも本来は、仕事の中に、祈りや命や人生そのものが内包していたのではないか。
晴耕雨哲、な生活をしていると、そんなことが、土の中から聞こえてくる。
「生きていく」そのものが仕事であり、祈りなのではなかろうか。日々是好日。

晴耕雨哲な日々

昨日は天気予報がはずれ、畑を耕すことができた。
まさか、九条ネギを最初にやるとは、びっくり。
大学時代に初めて上洛し、近所のそばやで親子丼を食べた時、あまりに
うまくて感動し、主人に聞いたら「京都では九条ネギつかってんねん」と
いう返事と、その九条ネギ入り親子丼の味が、自分の舌の歴に残っている。

昨日の午後に納屋を整理していたら、九谷焼きの蓋つき丼がでてきた。
畑の九条ネギが無地に収穫できたら、「京風親子丼」をつくってみようと思う。

毎年の暮れに、木曾に住む木工の般若くんから「赤かぶの漬物」が届く。
冬はマイナス10度以上の寒さゆえの「味」なのだろう。
来週に般若くん家族は、金沢に新しいアトロエを設け、引っ越しをしてくる。
ということは、今年からあの「赤かぶの漬物」が食べれなくなるということだ。
能登は木曾に比べたら、暖かすぎるかもしれないけど、赤かぶにも挑戦したいと思う。

昨日初めていった蕎麦屋で食べた「おろしそば」も秀逸だった。
玄関の松の手入れからしてみて、たぶん大根も自分でやっておられるのかもなんばん。
押上文庫の文庫ちゃんから、餞別かわりに「辛味大根の種」をもらったので、秋には
それも挑戦してみたい。
あれこれやることがいっぱいだけど、ひと鍬、ふた鍬と畑を耕すたびに、一歩前
にすすむ。そんな「一歩」の中の刹那の繰り返しが人生。
「ゆっくり」な暮らしではあるが、天地や宇宙と一体になった感じが、いい。
畑を耕していても、ポケットの携帯が鳴り、今月の「ライブ」の予約が埋まってきつつある。感謝。

(3月の素敵なライブ)

23日(土)弾き語りシャンソン ライブ

演奏:・上原英里(ヴォーカル&ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲・付き)

29日(金) MUSICA LIBERA TOKYO

演奏:山根孝司(クラリネット)・藤田朗子(ピアノ)

19時開場 19時半開演 ¥5,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

30日(土)ボサノヴァ de 花見

演奏:山本ひかり(歌・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

京おんなが九条ネギをぶらさげてやってきた。

いつものように、留守中いろいろお世話になっているご近所さまへ、「ほぼぶらじる」と「そば」
を届けた。原始的ぶつぶつ交換よろしく、自作の無農薬の大根、菜の花、ぎざぎざ菜っ葉をいただく。
ぎざぎざしたんは能登特産の「中島菜」。からし菜のように、少しえぐみと辛味があって、ふきのとう
みたいに「春の味」がする。単なる「ぶつぶつ交換」ではなく、そこの食文化や食の歴まで学ぶことができて
ありがたい。さっそく「ぎざぎざ」を卵とじにした。能登の竹葉のぬる燗を囲炉裏でつけたら、縄文時代から
能登に住んでいるような気分になった。

昨日は「三輪福」さんが、素敵な美人の友達を連れて「寒山拾得美術館」つまり、ここに遊びにきてくれた。
土産が「三輪そうめん」と、九条ネギの苗と雪割草。京おんなならでは・・・ならは「奈良」とかける。(三輪そうめん)。
ちょうど能登は雪がふっていた。春を告げるような雪割草も、この界隈の春の花。今朝は天気予報に反して
晴れだったので、家の隣の畑を耕して、九条ねぎを植え、日陰に雪割草を植えた。

それから車を一時間金沢方面に走らせ、とある「そばや」へ。
齢(よわい)80を過ぎたじいちゃんがひとりで、石臼でそばをひき、矍鑠たる蕎麦を出すお店へ・・
禅僧のそば、いやこれは「奇跡のそば」かもしれん。「どうですか?」と感想を問われたけど、ただ
「合掌」するのみ。お客さんがいるのに、玄関までおくってもらった。
筆舌が及ばない「一期一会」の一刻そばやった。

テーブルの上に紹介されている雑誌を読むと、「蕎麦打ち20年」とあった。つまり還暦過ぎに
はじめて、生涯うつ覚悟らしい。何かを「きめた」人の生き方は、ぶれるところがなく、美しい。
お店を紹介したいけど、これ以上流行ると、おじいちゃんの春夏秋冬のめぐりが、なんこか減りそうなので、勘弁!感謝。

能登時間

1月は、数日しか能登に住んでいなく、2月は味噌つくり100人をこなすため、
ずっと東京にいた。ひさしぶりに能登時間を楽しんでいる。

先週、ヨガじーといっしょに、若い子がきて「能登に友達がイタリアンのお店を出した」
というので、「なんやら」いう横文字のお店によってみた。不便?というか「こんな場所に・・・?」
というところだったけど、「満席」で入れなかった。実力のあるお店は、場所を問わない、かえって不便
な場所のほうが「地の利」を得るようなことがある時代でもある。

のでいつものように、「みず」にいき、さばの塩焼きを食べ、「総湯」へ。
その後に、角伊三郎さんの美術館にいったら、時間外だった。3時まで。でもさすがに「加賀屋」さん。
断りかたも慇懃無礼でもなく自然である。一流のお店には、学ぶこと多し。
ここ「総湯」は、和倉温泉の源湯みたいで、加賀屋さんの湯と同じだ。飲むと、塩の味がして、
ミネラルいっぱいの海の精が、体じゅうに広がっていく。東京暮らしのストレスなどが一瞬にして
消えていく感じ。新宿から深夜バスで7000円くらいでこれるので、居酒屋などで、ウダウダしているより
健康的ではなかろうか?毎週日曜日には「朝市」もたつ。17日は三輪福さんのお手伝いでデビューする。

今あちこちの地方で「朝市」や「マルシェ」なる文化が広がりつつある。
「食」文化というのは、生きていく中で、とても重要な文化だ。
「生きていく」ということ、そのものが文化であり「芸術」でもある。

味噌作りが終わって

昨日で今年の「味噌作り」が、千秋楽。「百匹目の猿」
ではないけど、ある時代の象徴みたいな現象だ。
らむくん4歳が、お母さんをサポートしながら、耶馬渓の大豆と能登の塩と米麹で
味噌つくり。3年目で、初回はベビーカーの中で寝ていた。そんなことがまるで昨日の
ことのようだ。

とある奥様よりメール。ここの夫婦は、天真庵で出会い、結婚し、
ふたりの男の子が産まれ、こんど小学校のたっくんは、味噌作りの名人だ。
「みっくんが、能登の塩をつかって、おむすびをつくると、うまい、といって、
毎日幼稚園から帰ってくると、自分でおむすびをつくっています」とのこと。

こんなことが先週あった。味噌つくりに5年くらいきていて、子供も近くの名門幼稚園に通う。
幼稚園から帰宅の途中に「腹が減ったので、天真庵の「しおごはん」を食べて帰る」といっておばあちゃんと
ふたりで、カウンターに座り、「しおごはん」とおたけびになる。
「押上のばあちゃん」代表みたいな筆子さんが、即席にメニューにない「天真庵風しおごはん」をつくる。
彼の大好きな海苔が散らしてある。江戸のそばやでは昔から「花巻」という海苔を散らしたそばがある。その応用か?
能登の塩も海のミネラルがたっぷりで、海苔の海味とのハーモニーは秀逸。

「おむすび」  日本人は昔から「結ぶ」を大切にしてきた。
男と女が結ばれて、おめでたい席に羽織の紐を結んで祝う。むすばれて生まれて
きた男の子が「むすこ」。女の子が「むすめ」
今年は幼稚園生の「むすこ」や「むすめ」さんを持つ母親が不思議な縁で結ばれ、
たくさん味噌作りにきた。味噌作りは「醸(かも)し」である。
人と人が出会い、いろいろな人間関係を構築していくことも「醸し」かもなんばん。

明日から「能登」である。醸し文化の原点みたいなところ。「能登にいくなら寒山拾得美術館」
と名刺に書いていながら、まったくそっちの発信はしていない。
こないだも紹介したけど、能登にいくなら「真脇遺跡」。
縄文人たちが、この島で生きてきた奇跡が残っている。ぼくたちの人生観や宗教観
は、ほとんどが縄文人たちからのDNAによるものだ。そんなことがよくわかる場。感謝。

これから「卵かけごはん」

(3月の素敵なライブ)

23日(土)弾き語りシャンソン ライブ

演奏:・上原英里(ヴォーカル&ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲・付き)

29日(金) MUSICA LIBERA TOKYO

演奏:山根孝司(クラリネット)・藤田朗子(ピアノ)

19時開場 19時半開演 ¥5,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

30日(土)ボサノヴァ de 花見

演奏:山本ひかり(歌・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

味噌つくりもおしまい

今日で「味噌つくり」がおわる。
誰かがいった。田圃とあぜ道が、日本の食卓そのもの。
お米をたき、あぜ道でつくった豆で味噌作りをし、みそ汁の実をつくる。
「足るを知る」原点、質素だけど「ゆたか」で充分に満ち足りたことがそこにある。

啓蟄も過ぎ、虫や動物やヒトも、動き出した。
能登から大量の珈琲豆の注文がきた。今朝は焙煎をし、明日の営業が終わったら、
豆積んで能登に出発。

今日は日曜日なので16時まで。それから「蕎麦打ち教室」
二階は「満つまめの会」

明日の朝は「卵かけごはん」

(3月の素敵なライブ)

23日(土)弾き語りシャンソン ライブ

演奏:・上原英里(ヴォーカル&ギター)

19時開場 19時半開演 ¥4,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲・付き)

29日(金) MUSICA LIBERA TOKYO

演奏:山根孝司(クラリネット)・藤田朗子(ピアノ)

19時開場 19時半開演 ¥5,000(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

30日(土)ボサノヴァ de 花見

演奏:山本ひかり(歌・ギター)

19時開場 19時半開演 ¥3,500(お酒・肴・蕎麦・珈琲 付き)

わかめのしゃぶしゃぶ

昨年の春、寒山拾得美術館のある集落の漁師さんに「生わかめ」をいただいた。
「なにも足さずに、しゃぶしゃぶにしてみて」といわれ、そのようにやったら、
海の味がした。能登では、寒い春にわかめを収穫して、少し長い笊に干して保存する。

能登に「真脇遺跡」がある。これまでの学説では、縄文人は「稲」を後期に手に入れるまでは、
狩猟が中心で、一か所に定住しない、が有力だった。しかし真脇遺跡を調査するにつれ、長いこと「定住していた」
ことが判明。どうして定住できたか?それは海に近く、萩の花がさくころ、そこにイルカがくる、ということを
知っていたかららしい。

狩猟中心から定住になる時、食べ物の「保存」を考えた。「発酵」といえば、大豆を味噌や納豆や醤油にすることを
まず考えるけど、どうも縄文人たちの足取りを見ていくと、「海の近くに住んで、魚をとって、塩で保存する」
が原点だったようだ。そうすると、魚から塩分を含んだ「液体」がとれる。能登に「いしる」という魚醤が
誕生したのは、そうゆうことだ。真脇遺跡にいき、珠洲あたりで塩つくりを体験し、「いしる鍋」を居酒屋で
酒肴にしながら能登の地酒を飲むと、この国で何千年も生き暮らしてきた先人たちの歴が五臓六腑に染みわたる。

昨日は「ダメ中」だった。311の年に仕事で地方にいっていた女子が8年ぶりに東京勤務になった。
その女子の「おかえりなさい会」みたいに、昨日は7人の女子で「ダメ中」。
ちょうど能登から「生わかめ」が届いたので、おでんの鍋で、「これから食べて」と、まず生わかめのしゃぶしゃぶ
を食べた。みんな縄文人みたいになって必死に食べた。続いておでんを食べつくし、そこにそばを投入する。
縄文時代にはまだなかった「縄文そば鍋」だ。

真脇遺跡には、縄文人の住居が再現している。縁あって、そこの柱のひとつは、何年か前にいったときに、
その当時使われていた石斧で掘るお手伝いをした。その時は、「能登で生きる」ということを考えて
もいなかったけど、地縛霊に誘われたか?そうゆうことにあいなった。
天真庵のHPの「遊山」という部屋に、その時の写真がある。その後完成した住居で、三輪福さん
とお茶会をやった写真もある。悠久の自然の流れによりそうような茶会やった。天恩感謝だ。

味噌作りも「あとひとり」

味噌作りも終盤。
昨日はお休みだったけど、陶芸家のあいこさんが「味噌作り」にこられた。
琺瑯(ほうろう)や甕(かめ)でやる人が多いけど、彼女は「樽」(たる)
を使ってしこむ。手入れは大変だけど、日本で昔から使われてきたものだ。

彼女が本業でつくる作品に樽と似た字やけど、蹲(うずくまる)という信楽の器が
ある。人がうずくまっている形から、そのように呼ばれ、京都の茶人たちに好んで
愛用されてきたものだ。
天真庵にもひとつ屋根裏あたりにうずくまっている。
来週能登につれていく予定。季節の花を投げ入れ、自分の春夏秋冬が尽きた時は、
骨をその中に、うずくませる、というのも自然によりそう風雅なものだ。

味噌作りも日曜日にひとりで終わり。帰りしなに奈良の「春鹿」をくれた。
樽の杯で乾杯。味噌の「寒仕込み」が終わり、いよいよ春だ。

そんな話をしていたら、秋田の「樽富かまた」さんから、秋田杉のお櫃(ひつ)が届いた。
秋田杉の樽や桶(おけ)は、古来より、醤油・味噌・酒・つけもんなど「醸す」用に愛用
されてきた。縄文人の時代から「醸す」というのが、この国で生きていく最大の課題だった。
このお櫃のおかげで、これからの「自分で鮨をにぎるかい」がますます楽しくなりそうだ。

青山の素敵なギャラリー

昨日は「英語でそば会」だった。
北欧から素敵な女性がやってきた。ギャラリーを
やっているということ。話をするうちに、ライブをやったり、
いろいろな教室をやったり、天真庵と同じ香りがした。
ご主人は釣りの名人らしい。「あなたのような素敵な女性を釣り上げたのだから、そうでしょう」
というと笑っていた。

「明日(つまり、今日)青山のヤマナシ・・・ギャラリーで自分がつくったテクスタイルの展示会がある」
というようなことを、英語でのたまわれた。「山梨の物産館か?」
と思っていたが、今朝「やまなし 青山 ギャラリー」で調べたら、「ヤマナシヘムスロイド」がでてきた。それによると、

「2012年、40年以上に渡り日本に北欧の国々の優れた家庭の手工芸を紹介してきたヤマナシヘムスロイドが、北青山に店舗をオープン。1Fは北欧雑貨とインテリア、手芸材料が並ぶショップ、2Fはさまざまな手仕事の世界を紹介するカフェ&ギャラリー、その他、刺繍やニット、織物などの教室、イベントサロン、暮らしを豊かに彩るためのカルチャー講座「暮らしのゼミ」など、盛りだくさんの内容で展開しています。

ヘムスロイドは「家庭の手工芸」を意味するスウェーデン語。ヘムはHome、スロイドは手工芸を表します。
スウェーデン、デンマーク、フィンランドなどのお母さんたちが家族のために作ってきた手織物、刺繍、ニットの世界と、北欧の男性たちが奥さんや恋人たちのために作ってきた木工、鉄工などの伝統手工芸には、その土地ならではの伝統的な材料と技法が生かされ、家族を思うあたたかい愛情がたっぷりこめられています。

北欧の手仕事の世界へ、ぜひ遊びにいらしてください。」

とのこと。今日は「そったく焙煎塾」と「味噌つくり」があるので、ぼくはいけないけど、
おもしろそうなギャラリーイベントだ。