風薫る五月

今日で4月が終わり、明日から風薫る5月。
世間はゴールデンウィーク。お店をやる前は、ゴールデンウィークは
車で東北をよく旅した。カメラを趣味にしているころで、奥入瀬渓谷や白神山地なでを
撮りにでかけたものだ。今回能登に生活の軸足をシフトしようと準備しているけど、
美術品と自分で撮った写真がぼくの荷物の大半をしめていて、ほとんどが能登へ
先にいった、そんな気分。カメラもいっぱい持っていたけど、コンタックスのカメラ一台のみ
でみんな処分した。手動で一番むずかしいカメラで能登をいろいろ撮影している。

明日から5月。目に青葉 山ホトトギス 初ガツオ。
ホトトギズにもカツオにも興味はないけど、新芽が芽吹き、さわやかな風が薫るこの五月は大好きだ。
昨日は、庭に自生(千葉のそばやにわけてもらった)している茗荷の新芽を冷ややっこにして、酒の
つまみにした。そばの薬味にもいい。開いている葉っぱは固い。葉が茎にまいてあるもの(これは包茎やね)
を、切れる包丁でみじん切りにする。うそだと思ったら、お店の前のプランターにいっぱいあるので、
勝手に抜いていって試してごらんなさい。茗荷の香りを風が運んでくれるに違いない。
蕎麦もそうだけど、つるりとやって、鼻腔に蕎麦の香りがするのがいい。

これから卵かけごはん。気のはやいお客さんが開店前にきた気配。これにてごめん。
このゴールデン・・も、水木以外は営業。木曜日は「おとこかっぽれ」