たまかけごはん タケノコごはん

今日は月曜日なのでこれから「卵かけごはん」
味噌汁の実は、能登のおばあちゃんが掘ったタケノコ、わかめ、あぶらげ・・

若竹煮をつくった翌日は、そのあまりで「タケノコごはん」をつくる。
タケノコを小さく刻み、わかめも刻み、味を少し整えて(煮物は最初は薄味にして、ジョジョに
整えていくのがよろし)、おあげがあれば、なおよろし。
そんなことを考えていたら、近所に住む常連さまがおあげのおすそわけをくれた。
よくいろいろなものをいただく。ぼくのアドレスがjyuttokuだからかもなんばん?
あぶらあげのうまい店が近くにあるのは、幸せなことだ。おいしいあぶらあげをもって
きてくれる人が近くにいるのも、幸せなことだ。

「寒山拾得」(かんざんじゅっとく)の拾得は、お寺の豊干禅師に拾われて、「典座」(てんぞ)
になった。典座とは、お寺の「まかない」をやる人で、雲水よりも位が高い。
典座教訓・・曹洞宗の初祖道元さんが残した本がある。畑にあるものを忖度(いまはやりの・そんたく)
してこころをこめた料理をつくる。人間の根源的なよろこび(好喜の底・こうきのてい・・そんな禅語を思い出した。)

京都の長岡に「天真庵」があった時代がある。南條先生の姪っ子さんが嫁いだ家で、長岡天神の
すぐ近くにあった。そこの主人は京野菜のめききで、こつこつ八百屋をやりながら、その地に
「小さな美術館」みたいな素敵な空間をつくった。今回、能登に美術館をつくることになり、
HPの「寒山拾得」の世界の写真をあらためて見直すと、まだ40だったころの自分やスタッフ、
画家の生井さんの尺八、ボクサーの岩本さん、そして京都の天真庵(正確には、画廊天真)
の主人たちがのっていて懐かしかった。

その京都の主人は、毎春に東京でやっていた「南條観山展」に、朝堀の筍を新幹線で
土産にもってきてくれた。来ると、「挨拶はさておき、鍋に湯をわかしてくれへん」というのが口癖。
ちゃんと筍を地面に植わったままの直立不動の向きにかかえ、もってくるのだ。すごくささいで
当たり前のことだけど、彼はそうゆうことを大切にし、野菜に愛情をもちながら、生きてきた。
たけのこごはんに「あぶらあげ」を入れるのも、京都風だといって教えてくれた。
そんなことを思い出した。人にはいろいろな「歴のひきだし」がある。
ながいこと生きていると、風化していくものも多くなるが、年をとって「気づく」こともいっぱいある。
そんなことがひろいあげられる瞬間も、「拾得」になった気分。

今日の夜は「順受の会」・・23年続いている論語の会。
明日は「書の会」
水曜日が「おんなかっぽれ」