今日はどらえもんの誕生日

昨日は上原英里さんの「シャンソン」の会だった。
年に一度だけ、だいたいメンバーが集まり、ギター弾き語りのシャンソンを聴く。
天真庵の常連さんが紹介してくれたのだが、池袋時代にお世話になった梶原さん
がお互いの大家さん、という不思議な「えにし」を驚きあった。

彼女の「応援団長」はぼくと同じ申年で61歳。ぼくも今日から61歳。
昨日は彼は、6合の酒をあけた。ぼくは5合が限界のような気がする。でも3時間くらい
シャンソンを聴きながら飲むと、そのくらい飲めるような気もする。
猿蟹合戦ではないけど、申年というのは、そんなどうでもいいことに、こだわりを持ったりする。

昨日の朝、小学校時代からの親友から電話があり、その日の朝に奥様が旅立ったことを知る。
ずいぶん昔の話だが、彼らの結婚式の司会は、ぼくがした。家族ぐるみで、いろいろな場所に旅したり、
九州気骨の会のメンバーがかけていく時にいっしょに忍んで酒を飲んだりした。
人それぞれに運命があり春夏秋冬があり、みなあの世に帰っていく。散る時期が少し早い感はあるが、
白い侘助を掛花に投げ入れた時など、あっという間に落ちる姿に、人はみな自分たちの短い一生を悟るのだろう。
侘助のようにきれいな人だった。年下の親友を慈悲深く「ぼく」と呼び、息子ふたり、息子みたいな彼を入れて
3人の男子を育て、元服させた功績はでかい。鎮魂。

今日は日曜日なので16時に閉店。それから「蕎麦打ち」。

明日は「卵かけごはん」
火曜日が「英語でそば会」