ダメから始める中国語

今日は七夕。昨日は「サラダの日。」
サラダの日に、新人女子が元気に「初そば打ち」。
お茶のお弟子さんでもあるふたりは、玉のような汗びっしょりになったけど
いい蕎麦が打てた。粒粒の汗をかき、一粒で一本になる蕎麦を打つ。そのそばも、
一粒の種から、育ったものだ。いろいろな手もかかり、それぞれの「一粒」が生きている。

まさに「粒々皆辛苦の一粒」である。これから蕎麦打ち教室のことを「粒々皆辛苦の会」(りゅうりゅうみなしんくのかい)
にしよう。ひとつぶひとつぶの「命」に感謝しながら、蕎麦を打つ。そば前の「酒」も、一粒一粒の「命」を命がけで酒
にした物語の一滴。古人は「血の一滴」として大切にしてきた。

能登半島から梅といっしょに、笹の葉がおくられてきた。梅茶翁の梅林に続く山道に
一生懸命に生きている草木の仲間である。久保さんの志野の四方皿にのせ、そこに蕎麦豆腐
をのせると、「七夕のハレ舞台」ができる。

能登の地酒に「竹葉」というのがある。「笹の葉」と酒は繋がりが深い。昔から酒飲みのことを「大寅」といった。
座敷遊びでは♪トラ トラ オートラ」というのがある。
寅は昔から竹といっしょに描かれる。そして酒飲みは自分が飲みたいので、まず
人に「ささ」「ささ」といって、徳利の首をもって酒を勧める。そんな縁起とか演技から
「ささ」が「酒」になり、大酒飲みのことを「大寅」とアダ名した、らしい。

本日は♀の「大寅」があまたやってくる。「ダメから始める中国語」がある。
へたなことをしたりすると、右腕が食いちぎられるようなことにもなりかねないので、
いつも、小さくなって蕎麦会の端っこでじっとしている。
寒山拾得(かんざんじゅっとく)の絵は、ふたりの奇人がほうきと筆をもって遊んでいる構図。
そこに寅と老師が加わり、4人(3人と一匹)が寄り添って寝ている構図もある。
老師の名は「豊干禅師」(ぶかん)という。禅の世界では「この世で一番幸せな姿」
ということになっている。まだまだ凡夫で修行の途中ではあるが、そのうち、大寅さん
たちと雑魚寝ができるくらいの境地に達したいものだ。

今日は「満つまめの会」 狩野探幽が描いた「豊干」を飾ってみよう。感謝。

人と与(とも)に楽しむ

九州中国地方が大雨で大変みたいんだ。
宗像の実家で93歳と86歳が暮らしている。ときどき
電話をすると「元気にやっているから、電話はいらない」などと
強がったりしている。でもそんな「求めない」気持ちが素晴らしいと思う。

昨日のブロフに紹介したおばあちゃんも、かなりおばあちゃんだ。
女性に年を聞くのは失礼だと、しつけられた。躾とは「し続ける」ことだし、そうすることに
よって、身が美しくなることだ。「真に美しいものは 真に正しいものだ。真に正しいものは 
真に美しいものだ」。順受の会の松田先生の恩師・故岡田武彦先生は、かくのたまわれた。

そのおばあちゃんも、ぼくの先生である。お店を始めてすぐのころ、
「あんた私が散歩するころには蕎麦を打っていて、昼間はずっと休憩なしで、時々
遊びにいって夜おそく帰ってきても、お店のかたずけをしていたりして、いつ寝ているの?」
なんてことをよくいわれた。「こんなお店をやり続けるには、健康でいないといけないのと、
時々は銀座とか日本橋(そのふたつの町が、おばあちゃんは大好きらしい)にいって、充電しないとダメよ」
とよくのたまわれた。

そのうち、毎日のように、郵便受にポスティング。おばあちゃんが気づけれないように、こそっと
いれてくれる。(うちのお店の玄関は、紫外線防止?のフィルムを貼っていて、外からは中が見えないけど、
反対はよく見えるのです)。
ポスティングの中身は駅に置いてある「フリーペーパー」。特に、銀座とか日本橋に関連するものは、
ときどきだぶって入れてある。(たぶん、これはあのうらぶた時代おくれのお店に参考になるにちがいない、とふんでいるのだろう)
先日梅をとりにきたときも、「これだぶっていない?」と聞いて、日本橋の情報誌をそっとカウンターにおいていかれた。
「いやはじめて」といったけど、「夏用の梅そばがのっているやつだ」とすぐにわかった。それをやったら、という意味かな?
おばあちゃんは、隠れたうちのマーケッターなのだ。そんな好奇心とかあふれる下町の人とふれあって10年。

岡田先生の言葉
「神より仏より、人のほうが大切である。世の宗教家よ、心せよ」

のどにいい能登飴?

体はいたって健康だけど、「能登病」にかかっている。
昨日は能登から、梅と麻米飴が届いた。

近所のおばあちゃんが、「梅シロップを作りたい」というので、
「届いた梅(バイ)」と連絡したら、「今日本橋をうろうろしているので、
一時間後に・・・」とのこと。台風が近づいているのに、のんびりしたもんだ、
なんて思っていたら、ビショヌレになってやってきた。「傘は?台風の予想はきいてないの?」
ときくと「私かさキライなの」とのこと。

能登の「松波」というところに「横井 千四吉」という500年続く飴屋さんがある。
こんどの能登旅で、千四吉さんと蕎麦をいっしょに手繰った。
三輪福さんとのジョイントで「麻米飴」というのができた。たぶんこれから500年
くらいこの飴は続くのではなかろうか?広がりかたが優美でゆっくりで、縁ある人
たちに、確実に伝わっていく、そんな手ごたえがある。

梅と同時くらいに、京都から「ラーメン荘 地球規模で考えろ」のY社長が
やってきた。お店の向こうぎしで、帽子を脱いで一礼している男がいた。その瞬間に「yくんがきた」と思った。
10年お店をやっているけど、お店に入る前に、帽子を脱いでくる人は二人目。
2年前にライブをやってくれた「かごんまのよかにせどん」と「地球規模さん」。
いろいろ年を重ねると、新しい人間関係を構築したり、古い知人を訪ねたりするのがおっくう
になる。今はやりの「断捨離」も、一番肝心なところは「ひと」の問題やと思う。

35年も音信不通であったのに、よくきてくれたもんだ、と感動して、「次35年後はたぶん天国
でしかあえへんので」といって握手をしてわかれた。京都に縁のある人は「ラーメン荘 地球規模で考えろ」
で一度大盛を食べてほしい。400gの麺と具沢山の野菜を堪能できるそうだ。
100円プラスすると、一キロまで希望で増量できるそうだ。ただし「完食するのが条件」だとか。
名前もそうやけど、「哲」が含まれているラーメン屋さんだ。

今日はこれから「歯医者」。明日は新人女子の「蕎麦打ち鬼の特訓 地球規模で考えろ」だ。

長屋で女性史を学ぶ

昨日はそんな会だった。「長屋で女史会」。
昨日は新人女子がふたり参加され、にぎやかな会になった。

天真庵のHPの「遊山」というところに、今回の能登の梅仕事が
紹介されている。地元の人たちと夜飲んでいる写真は「姫港」という。能登の最初の漁港。
海部(あま)さんとか漁の文化は、九州から日本海沿いに伝わった、というのが定説。
昔の九州は「女系社会」だった。アマテラスさま、や、こんど世界遺産になりそな、その長女が
いらっしゃる沖の島、次女三女も宗像大社には祀られているし、卑弥呼なんかも女系社会の象徴。
「姫」という名前がなんともそんな時代の物語を今に伝えるようで興味深い。

今日は「英語でそば会」。スカイツリーのところで、先生と生徒がまちぶせをして、外国人観光客に
「今日のヨルメシ、どっかきまっとるの?まだやったら、わたしたらと、蕎麦にいって、ボリボリしませんか?」
みたいなことを英語でつぶやき、ポン引きする日。女子、もとい、女性が多い、しかも少しご年配の女性が
多いのが、相手に好感を持たれているのか、成功率が高い。

3年後の東京オリンピックに、ボランティアガイドを、という高邁な目標をもったおばさまたちが多いので、
ずいぶん上達度も高くなってきたように思う。外人のお客様をゲットしてきた時の顔が、まぶしい感じだ。

明日は歯医者。月に一度歯の掃除に板橋(もと天真庵の近く)まで通っている。ちょっと治療が必要な
箇所があるので、先週・今週・来週と歯医者。来週の水曜日の「無茶しぃの会」はそのために午後3時の
予定のクラスが「午後二時」に繰り上げてお願いいたします。長野から新人の女子も参加。
能登とか長野とか、いい水や自然がいっぱいのところでお茶を楽しむ、というのは贅沢の極みだと思う。
来年はそんなところに出向いて、お茶のお稽古をしたいとか、ひそかに思っている。
蕎麦が打てなくなったら、無茶をせずに、ゆっくりと「無茶しぃの会」に専念しようかしらん。

木曜日は新人女子二人に頼まれた「そば打ち教室」。今は日本全体が「女系社会」かもなんばん。
今回の都民なんじゃらも女性やし、自民党の信頼を地に落としたなんやらいう防衛大臣も、女性である。
歴史はいつも「めどき」なのかも。
♪諸国大名は鉄砲で殺す いとやの娘は目で殺す   

ボーズが屏風に上手に坊主の絵を描いた

昨日はまーくんの「上手に自分の体を使うコツ」の伝授の会だった。
「満つまめの会」の人たちが受講にきた。
明日も「満つまめの会」

これまで「BOZE」の古い機種で二階は音楽を聴いていた。
形式が違うのか?新しいCDで再生できないものがポツポツでてきたので、
新しいオーディオをネットで買った。

その「BOZE」はちょうどギャラリーを始めたばかりのころ、営業の方が
営業にきて、営業トークもする間もなく購入したものだ。
ちょうど、友達がスタジオを2000万くらいかけてつくったあと、
この「BOZE」を聴いて、25万やけど、かわらないくらい音がいい、
と社長室に置いていたものを聴くチャンスがあった。

あまりに音がいいので、ホイットニーのCDをかけ、昼からその社長とワインを飲んだ。

昨日はちょうど「おっさ」という若者のアーティストが昼に蕎麦を手繰りにきた。
近くでファッション関係の仕事をしていて、昨日まで展示会だという。ので、
「これあげる」とBOZEをあげた。

夕方、おっさが一升瓶をぶらさげてきた。「?」と思っていたら、「BOZE、めちゃやばいっす」
とのこと。「?・・・」としていたら、「あんなはらわたに染みる音、はじめてっす・・」という。
「ま、飲むか・・」と酒を飲み始めた。途中で「では場所をそっちに移動してジャズを聴こう」
ということになり、十間橋通りを一升瓶とジャズのCDをもって、おっさっちにいく。
あまりにいい音に、一升瓶が空になった。若いって、やばいっっす。

今日はこれから「卵かけごはん」夜は「長屋で女史会」
明日は「満つまめの会」 夜が「英語でそば会」

健康で持続可能で、ゆたかな人生のコツ

昨日はむしむしする天気だった。でも梅雨がないと、梅も育たないし、
田んぼの稲や野山の木々も水不足で困ってしまう。
今日は気持ちのいい朝を迎えた。東京でも朝からシジュカラや目白たちの声が気持ちいい。

庭の槙の木にぶらさっがていた巣箱が、麻紐が朽ちて落ちた。家賃はとらぬつもりで置いていたけど、
シジュウカラのつがいが見学にきたくらいで、誓約にいたったことがない。野良ネコがいるし、カラス
もいたりするので、警戒しているのかもなんばん。

昨日は「満つまめの会」やった。いつものように玉露を飲む、ところからスタートする。
長く通っている人たちは、性格も明るくなり、いろいろ積極的になって、いろいろなことにチャレンジ
する人も多くなってきた。好奇心とかやる気がなくなってくると、人生は終盤にさしかかる。
健康で持続可能な生き方というのは、毎日の「こころのおきどころ」やと思う。

今日は日曜日なので16時で閉店。新しい講座「まーくんの「体とこころの使い方」教室」
肉体は生きている間 神様から借りている器 親や兄弟や家族や家とか財産といっている
ものはみな「借り物」。だから大事に使わせてもろうて、いらんようになったら「ありがとう」
いって返すもんやねん。

まーくんと知り合って1年。気のことや呼吸のしかた、普段のストレッチとかいろいろな
ことを教わっている。息は「すうのとはくのどっちが先」「鼻で吸うの口で吸うの?」「はくときは?」
花の道には「真・副・対」とかいうのがあるけど、自分の体の「真」(まっすぐな姿勢でどんな具合?)
知らないことばかり・・・今日はかいつまんでそんな話になるのかしらん?

明日は月曜日なので「卵かけごはん」 夜は「長屋で女史会」 この会の友達に
今話題の「京都ぎらい」いう本を借りて読んだ。この本もそやけど、京都を好きになるのも
きらいになるのも、「歴史を勉強する」ということは大事だと思う。

火曜日は「英語でそば会」 水曜日・木曜日はお休みだけど、新人のそばもんたちがそば打ちを
習いにくる。木曜日の夜は「おとこかっぽれ」です。

人生の中仕切り

中年になると、よくそんな言葉を使う。後半戦をどのように暮らすか?なんて・・・
昨日で今年も半分終わって、今日から後半戦でもある。
光陰矢のごとしであり、少年老いやすし、でもある。

昨日、「BCN」というコンピュータの新聞社から新聞が届いた。
毎週月曜日に発行される新聞。「千日回峰」とかいう記事に紹介された。
しかも見開きで、2週にまたいで掲載されるので、ぼくの反省だらけの半生が赤裸々につづられている?
「BCN」で検索すると、デジタルでも購読できるけど、千日回峰は
残念ながら目次だけである。

その中で末川先生のことを紹介されている。当時の立命館大学総長で、京都名誉市民だった。
運よく大学に入学してすぐに、先生の講演を聴く幸運に恵まれる。烏丸丸太町下がる、「勤労会館」(今はない)で。
「人生は三つにわけるといい。君たちは最初の三分の一で、これまでは親に面倒かけて育ってきた。
これからの三分の一は「自分」のために生きなさい。そして仕上げの最後の三分の一は、「人」の役にたちなさい」
ということだった。すごく当たり前のことをおっしゃっているのだが、20歳前のぼくには衝撃で、
「もうこれでこの大学は卒業したみたいなもんや」と思い、近くの「からふねや」に入ってモカを飲む。
同じくらい衝撃を受け、その場にいた社長に弟子入りを志願し、2か月後は「本店」の店長になった。

・・・そんな話から今、そして10年後は何をやっているか・・・が掲載されている。

うちの会社も昨日で決算。何期になるか知らないけど、30年くらいになる。
昔は「会社の寿命は30年」説、みたいなんがあったけど、最近は5年?とか10年説のほうが有力なくらい、
生存率が低いような気がする。BCNの記事を読んでも、知った会社や友達の会社がない。浦島太郎状態である。
個人経営の飲食業の平均寿命は、ひょっとしたら「一年前後」か「未満」かもなんばん。でも会社も人も、
「毎日が一生」みたいに思えば、今日もまた人生があり・・の繰り返しを楽しむことができる。

今日は「満つまめの会」 その新聞でも紹介されたけど、まーくんの気功整体は、IT企業の人たちを含め、
音楽家や陶芸家、ヨガの人、主婦や老人まで老若男女の垣根を越えて、優美に広がっている。感謝。