♪夏も近づく八十八夜 今年の新茶を飲んだかな?

夏も近づく・・・というより夏本番みたいな天気で、春も梅雨
も飛び越えて・・といった今日このごろ。

新茶の季節だ。昨日は、英語の岩本先生が「遠山郷の新茶」をもってやってきた。
彼が所属しているシンクタンクは、最初は渋谷の駅前にあった。「これからは田舎で農業」
ということで小田原に本社を移し、今は頻繁に静岡の遠山郷いって、自然にふれあいながら
「これからの日本人のありかた」などを模索している。会社名前は「藤原事務所」。

スカイツリーができた5年前に、藤原事務所の藤原さんから、全国からお客さんをよんで、
講演を頼まれたことがある。そのお礼に「スカイツリーに上る」ことにあいなった。
それから一度ものぼっていない・笑 いけるとき、できるときになんでもやっとくのがいい。

一昨年に、界隈でシャアハウスをやっている大樹くんといっしょに、岐阜の春日村にお茶をつみに
いき、蕎麦会をやった。そこの新茶も届いた。
そして、我がふるさと、福岡の新茶も昨日届いた。さっそく3種類を、岩本先生と
飲み比べた。お茶の銘柄をあてたりするのを「闘茶」という。煎茶でもときどきやる。
「人と比べる」とかいうのは、性にあわないので「闘茶」は一度もやったことがない。
でも毎年、この3種は飲むので、目隠しされていても、「これ」だとわかる。

おいしいものを食べる(飲む)。というのより「おいしく食べる」(飲む)ほうが100倍楽しい。
今年になって「煎茶を習いたい」という人が増えている。「無茶しぃの会」は月に一度
しかないし、平日の昼間だし、普通の堅気の人では受けにくい。
秋くらいになったら、「無茶しぃの夜咄し」という講座をやってみたいと思う。

そんなわけで、二週間ほど在庫切れだった煎茶が入荷。これから新茶の商品つくり。
今日は「満つまめの会」 整体とお茶も切っても切れない関係になってきた。
夜は「インヨガ」 ヨガの人たちも「お茶」の効能を体で知っている。