能登半島の奇跡の水

能登の二日目の朝。海岸沿いを散歩した。海岸の岸壁の際を、漁師さん(元?)とおぼしき人が
するどい目つきで散策している。手には、針と疑似餌?みたいなものがついていて、それを
ささっと、海面に入れ、数秒したらそこに元気なたこがついていた。なかなか見事な漁だ。
この季節は毎日のようにたこが食卓にのる、らしい。まことに豊な海だ。

朝ごはんの前に、三輪福さんと煎茶のお稽古。海が見える部屋で「茶櫃点前」をやってもらう。
潮騒やうみねこや、ホオジロの「一筆啓上仕り候」という声をBGMに煎茶を一服。南島原のじゅんさん
自慢の煎茶だ。どことなく南島原と同じ空気感の中で、おいしい朝茶時間。
珠洲焼の火器に投げ入れたアジサイが揺れて、風流な野点に花が添えられ、贅沢な刹那。

こころのこもった朝ごはんをいただき、東京に向かって出発。昨年の夏に立ち寄った民宿を営む
「能登のばあちゃん」のところへ寄り道。民宿の横に水が湧き出ていて、その水がすごい。
400円払って、その水を沸かしてくれた風呂につかる。昨年もそうだったけど、長旅の疲れ、
目の疲れ、梅仕事の筋肉痛がウソのように消える。石川県は温泉がいっぱいあるけど、ここの
は唯一無二の効能があるように思う。上がった後、名物おばあちゃんと談論風発。
名残おしいさを胸に踵をかえして車にのる。

富山経由で安房トンネルを超え、いきつけの蕎麦屋でそばを手繰り、そばやの主人と
蕎麦談義。なんやらいう名前(今回は頭に入れてきたつもりやけど忘れた!)のそばやは
信州だからこそのそばやだ。

今日から通常営業。昨日はまーくんの「満つまめの会」と「タイムドメインの会」だった。
ぜんぜんエンジンがかからず、仕込みも途中下車ぎみだったけど、今朝のそば打ちで
少し目が覚めた。
明日は「天真庵 梅仕事 ぱーとワン」 カウンターの上に干した梅が歌っているようだ。天恩感謝な日々。

能登は楽園やね

梅仕事に能登にいく。
大学一年の時、ELSと法律相談部に入っていて、ELSで
能登に合宿にいったことがある。それ以来ちょくちょく遊びにいく。
とくに真脇遺跡には惹かれ、何度も遊びにいった。

その真脇遺跡の近くに、三輪福さんたちが移住したので、うれしいやら、こちらも
移住しようかしらん、などと思いながら、梅仕事にいった。
海あり山あり、人あり・・・いいよ。

「天真庵」のHPに「遊山」というのがあり、そこに梅仕事の写真をアップしてもろうた。
「梅茶翁」とう三輪福さんの部屋がリンクされている。そこには能登の梅仕事の春夏秋冬
がつづられている。梅にうぐいす、というのは日本人が古来より大好きな風流な構図。
でもそれ以上に、梅は日本人の体をささえてきた。夏の暑いときに、梅シロップジュースや
毎日の梅干しなどを食べていると、その力がわかる。

さて今日はお休みだけど、朝5時から起きて、お店の準備。10時からは「満つまめの会」
もある。健康で持続可能な生き方をするために、「今」何をすべきか・・・?
そんなことをまじめに考えていく時代がやってきた。
「健康」と「いい友達を持つ」ことが大事ではなかろうか?夜はそんな会。

夜はタイムドメイン。気のおけない仲間たちが集まり、いっしょに聴きたいCDとか、
いっしょに飲みたい酒や酒肴を持ち寄り談論風発する会。15年近く続いている。

梅林ガールズ はじまりはじまり

昨日ひさしぶりに東京にもどってきた。ビルやスカイツリーを見ると、
「ああ、かえってきた」という不思議な気持ちになる。でもこころは、九州や能登
に置きざりにしたまま、そんな感じ。今日はひがな雨なので、きらきら橘商店街にいき、
お惣菜を買い込み、ビールや酒を飲みながら、籠城気分。

出発の日、大樹くんに電話。「板貸してくれない」(ぼく)。「何するんですか?」(大樹)
「灯籠を九州に運ぼうおもってんねん」(ぼく)「トウロウ?ってなんですか?」(大樹)
「織部灯籠です」(ぼく)「オリベトウロウ???・・これから、見にいっていいですか?」(大樹)。
茶人を目指している大樹くんが、5分後に我が家に到着。好奇心旺盛なたけちゃんも一緒。
「こんな思いものを、還暦の庵主が運ぶのは無茶しぃです」ということになり、ふたりで
車に運んだ。10年前、池袋からこの灯籠を運んだ時は、ひとりでやったけど、さすがに
寄る年波だ。若いふたりに、感謝感謝で出発。

それを九州まで無地届けた。織部灯籠というのは、桂離宮なんかにもある。本歌は北野天満宮にある。
ひゃうげもの、の古田織部(戦国武将であり茶人)が考案したといわれている。石に不思議な異人か奇人
が彫られている。キリシタン大名だった織部が、キリストに見立てた、ということらしい。別名キリシタン灯籠。池袋時代に
ふたつの灯籠を合わせ灯籠にしていた。それがあるひ、泥棒に入られ、横に隠しておいたキリストの刻まれた石
だけが残り、今の庭にほったらかしておいたものだ。
九州の実家の庭に置くと、「出番がきた」ように輝いた。信仰心が深い両親が、酒を手向け、
次の日は、お赤飯を焚いて、お供えものにした。灯籠がひとつ庭に備わると、家が「茶室」ぽくなる。
星野村の新茶の玉露を家族で喫茶去。

二日実家にいた。妹夫婦と甥っ子の翔太くんが遊びにきた。「灯籠を車から降ろすのを手伝って
ほしかったけど、いえんかった」と翔太くんにいうと、「遠慮なくいってよかよ」といってくれた。
次回は「蹲踞」を運ぶよてい。「ツクバイってどげんもんかね?」から、またいろいろドラマが
おきそうだ。九州に二泊して、能登に出発。「梅林ガールズ」がはじまりはじまり、だ・・つづく

明日から松休み 梅休み

昨日は「満つまめの会」だった。二日連荘だったけど、満席。
この何日かは「自分で自分の体の使い方を考える」ようなことをテーマ
にしているようだった。結局、普段の気やこころの持ちよう、体の使い方
が肝心なようだ。「体」という借りている「のろもの」をいつか返すのですが、
それまでいかにいたわってあげたり、借りているからこそ、感謝しながらながく
持つように大事にするか。そんなところに「答え」らしきものがありそうだ。

夜は「福の会」。能登に移り住んだ三輪福さんのところに「梅仕事」にいく。「梅茶翁」という号で
活動することになった。江戸時代の京都に売茶翁(ばいさおう)という奇人の茶人がいた。
黄檗山の禅僧だった身分を還暦前に捨て、野に下り、煎茶を洛中に広めていった人。「人間が自由に生きていく」を
生涯追求し、実践した偉人だ。これからの時代のキーワードになるだろう。
昨日は盛り上がった後、PCで「臼澤みさき」ちゃんのイーハトーブの歌を聴いた。イーハトーブ、
宮沢賢治の桃源郷のことだが、桃源郷は、それぞれのこころのうちにあるのではないかしらん。

昔から日本人は松竹梅を大切にしてきた。松はこの星に一番最初に生まれた植物で、建設的な生命力をあらわし、
竹は、節目節目を超えてなおまっすぐ生きていく象徴だし、梅は、うみなさい、新しいことをはじめなさい、という
言霊でもある。

22日は「満つまめの会」&「タイムドメイン」

美女と夜咄し

昨日は「夜咄し 夜間飛行」がはじまりはじまりだった。
現役の機長さんが、貴重なお話をしてくださって、さながらコックピットで
ワインでも飲みながら遊覧しているような気分になった。(もちろん現実的な話ではありませんが)

オープニングは、「ジェットストリーム」のCDをかけた。城達也さんのナレーションを
聴いていると、・・饒舌な言葉はいらない。ささくれだった話の多き昨今ではあるが、
いい音楽を聴きながら、気のおけない友達と酒を酌み交わし、それぞれの「今」を語りあい、
笑う(相語り 相笑う)ほど素敵な時間はない。そんなささやかな時間を「幸せ時間」というのだろう。

機長さんの時間割のため毎月定例でやることはかなわぬことですが、また秋の声が聞こえてきそうな
ころに、「第二談」をやってみたいと思っております。

今日はこれから「卵かけごはん」
今日の香のものは「キャベツの梅酢漬け」さっそく先日研いだ「菜切り包丁」をかみさんが試し切り。
包丁の重さで、キャベツがサクッサクッ・・とおいしい音をたてる。まないたの音は、その日のオープニング曲。

昼は昨日とおなじくまーくんの「満つまめの会」。昨日今日とも満席。口コミで、どんどん広がってきた。
ゆっくりゆっくり、無駄のない縁でつながってる人につながり、みんなが健康で持続可能な生活を楽しめたら、いい。

今日の夜は「福の会」  しつこいけど、福というのは、田んぼでとれた収穫物を神棚に手向ける、
という象形文字がはじまり。「人生フルーツ」を見ると、そんなややこしい説明なしに、「福」
とはなんぞや、がわかる。

明日は通常営業。明後日から22日まで「松休み 梅休み」
宗像の実家で92歳の父に、松の手入れを伝授してもらっている。その後は能登半島の「梅茶翁」
にいき、梅仕事。本日の朝ごはんの梅酢は、能登の梅からつくったもの。春の潮風がふくと、梅が
ほころぶ。

夜のジェットストリーム

昨日は、じんしんさんと布上智子さんの「ブラジリアン音楽のライブ」やった。
布上さんは昨年、今年とブラジルに長期滞在して、ブラジル人たちの文化とか、生活に
ふれた。よりいっそう、歌にブラジル魂が内包されているように感じた。普段は富山に
いるので、富山からも応援団が4人くらこられた。能登ライブも実現できたらいい。

お酒が入ると、サンバやボサノバは、より愉快な世界へ誘ってくれる。
カウンターで、「花」という佐久のそば焼酎の水割りを3杯飲んでいた目力の強い女子が、
突然椅子から立ち上がって、ピアノの前までゆき、♪サンバにあわせて 踊りだす

🐞てんとう虫のサンバ、というのがったけど、みんなが突然のサンバカーニバル女子の参加で
転倒するくらい盛り上がった。こんな一期一会があるから、ライブはたまらない。

今日は日曜日なので、16時閉店。二階では「満つまめの会」
夜は「夜咄 夜間飛行」 現役のパイロットさんが講師になって、飛行機にまつわる四方花話をきかせてくださる。
さながら「夜のジャットストリーム」である。

明日の朝は「卵かけごはん」夜は「福の会」
この会のメンバーが先週「人生フルーツ」を二度見たらしい。なぜだかその映画の影響で
「蕎麦打ちをやる」ということになった。

「人生フルーツ」を観て、フルーツを切る包丁を研ぐ

水曜日に中野のポレポレ座にいって「人生フルーツ」を見た。
高齢のご夫婦が自然に寄り添い、自分たちでできることをいとわず、こつこつ
とゆっくりと歩んでいく姿をドキュメントした映画だ。
若い人たちの中に、ゆっくり口コミで広がっている、そんな感じの映画。

銀座のある骨董屋が店じまいをするとき、二本の日本の包丁を買った。
「近くでやっていた和食屋のオヤジが使っていた」ということだった。亡くなられ閉店された、という話。
柳(さしみをきる包丁)と薄刃(菜切り包丁)。刃がこぼれているし、さびもひどいけど、
凛とした品格があったので、持ってかえった。そのうち時間があれば、近くに包丁研ぎの名人のじいちゃん
もいたし、だすか、なんと思っていた。そのじいちゃんも天国にいき、そのじいちゃんの作る包丁が大好き
だった佐賀のがばいじいちゃん(月に一度天真庵で鮨をにぎってくれた)も、昨年召された。

木曜日の夕方、「無茶しぃの会(煎茶の教室)」まで2時間あった。焙煎したり、かえしをつくったり・・
いつもの仕込みは残っていたけど、「今しかない」とばかりに、砥石みっつを水につけ、包丁研ぎモード
に入っていった。普通の包丁だと、一本一時間もあれば、珈琲を飲む余裕もうまれるけど、名にしおう名店の
主人が使っていた「本焼き」の包丁は、そんなわけにはいかない。汗をかきかきかき、なんとか一本仕上がる
ころ「お願いします」とお弟子様が入ってこられた。昨日も5時からバンバンと蕎麦を打った後、もう一本を
研いだ。なんとか開店するまでに仕上がったけど、「チーズケーキ」を作るのを忘れ、チャリンコを走らせ、
東部ストアーにいく。並びの骨董屋のオヤジが「天真庵さん、自転車のれるんだ」と笑っていた。

日頃は仕込みなどに優先順位がきまっていて、なかなかそれ以外のことをするのに、スイッチが入りにくい。
たぶん、90歳になっても自分でつくった野菜やフルーツをつくる「人生フルーツ」を見て、「自分でできることは
自分でする」という当たり前のことに、感動した結果がそうさせたんだと思う。

昨日はダメ中だった。その映画のチラシを見せた後、くだんの包丁を披露した。酩酊した時に
日本刀のような包丁を握るのは、まさに「気ちがいに刃物」である。

今日は「ボサノバライブ」があるので16時閉店。じんじんさん、布上さんの素晴らしいライブ。
明日は新講座「夜咄 夜間飛行」がある。現役のパイロットさんを囲んで談論風発の時間を楽しむ会だ。

お茶をすると京都の実力を感じますな!

昨日も九州の焼酎の空き甕?を利用して、星野村の玉露を
使った「茶ぶ台手前」を元気な女子たちとお稽古した。

木曜日はお抹茶の先生みたいな人が来る日なんやけど、せっかく
玉露が新茶になったんと、前日完成した「新しい立礼スタイルの玉露作法」をお茶のせんせ
たちにも見てもらおうと思い、一階のテーブルでやった。

お菓子は京都の川道屋さんの「そばぼうろ」と清水の「めろん味の金平糖」
金平糖は久保さんの志野の「やんぽ」にいれて供した。お茶のせんせたちも「これ、素敵」と
黄色い声をあげはった。ちゃぶ台とか、囲炉裏端とか、茶櫃の中とか、お茶を入れる場所に
「やんぽ」がポツンと置いてあったりすると、人生の後半戦が断然おもしろく、風雅になる。

京都のお菓子、料理、器には「京都のサイズ」があるように思う。少しひかえめなんやけど、その
中に作りての「気持ち」が込められているものが多い。「さすが」やと思う。

昼間は「花戦さ」を見に錦糸町にいった。ロケ地に昔よくいった料亭が使われていた。
最近は観光客でごったがえしていて、あまり足が向かんようになったけど、
「京都しかないもん」が京都にはまだある。

今日はダメから始める中国語。
明日は「ボサノバライブ」。

甕の雫 地球が発酵する一滴

先月、ヨガの先生が、不思議な作曲家を連れてきた。
CDに「宮崎」と書かれていて、それをかけたら、なんやら
地球のマグマが、ブクブクと活性しているような感じがした。

「なんの音ですか?」ときくと、「焼酎が発酵している音」だとおっしゃる。
その音を聴きながら、焼酎を飲むと、体の中の焼酎の活性も活発になり、
より美味しくなるそうだ。宮崎の「甕の雫」というイモ焼酎。大量生産の時代に
伝承つくりにこだわり、無農薬のイモを使って古式な製法でつくっている酒蔵さん。

ぼくのお弟子様が毎年もってきてくれる焼酎でもあり、甕と柄杓も大事にとってある。
昨日はその空っぽになった甕と柄杓を使って、今年の新茶の玉露の「ちゃぶ台手前」をした。
なんとも風流なお茶会になった。

会がおひらきになった後、中野の「ポレポレ東中野」にいき「人生フルーツ」を見る。
汗ばむこの季節に、冷たい玉露の甘露な妖精が体中に浸透するような、さわやかな映画だった。

「風が吹けば、枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。
こつこつ、ゆっくり。人生、フルーツ」
この言葉が映画で何度も流れる。しかも樹木希林さんの声で。彼女の名前には、木が三つも
入っていることに気づく。木の妖精につつまれるようなやさしさがある。
素晴らしい映画やね、ほんま。

茶粥に奈良漬

昨日は、「英語でそば会」だった。残念ながらポン引きは成功せず
日本語でそば会になった。蕎麦焼酎のそば湯割りを飲みながら、それぞれ
の「今」を談論風発。よその国の人も、ここの星の人だと思えば、なんの
隔たりもない。「いま ここ」で出会うという奇跡をお互いに祝い、感謝する
気持ちが広がれば、平和という言葉がいらないくらい平和な世界にきっとなるに違いない。

「印象操作」なる言葉が流行っているらしい。「云々」を「でんでん」と読むレベルのあべちゃん
にしては高級な言語だ。でも使い過ぎると、辟易する。日々是口実?
♪でんでん虫虫 かたつむり おまえの頭の中は 。。。

今朝は、英語の岩本先生がくれた遠山郷のお茶を煎り番茶にして、茶粥をつくった。
奈良では、朝の茶粥は典座が作るごちそうであり、めいめいがお漬物を持ち寄って食べる茶粥は
さながら「茶Ronだ。そこには「奈良漬け」がよく似合う。お茶を焙じて飲んだり、茶粥にすると、
胃にもやさしいし、血糖値などを調整してくれる。

今日は「満つまめの会」「そったく焙煎塾」「煎茶教室 無茶しぃの会」がある。
今日の無茶しぃは、一階でやるので、立礼(たたみではなくテーブル)で新茶の玉露を
楽しむ会になりそうだ。日々是好日。